大西礼芳『ごめん、愛してる』サックスは吹いてる?フランケンシュタインの恋にも出てた?

日曜劇場『ごめん、愛してる』にサックス奏者の古沢塔子役として出演している「大西礼芳(おおにし あやか)さん」

主役級の存在感でかなりインパクトのある女優さんです。

サックスを演奏するシーンがありますが、本当に吹いているのか?インパクトのある演技を見せる役どころはどのよう感じなのか?

めちゃくちゃ気になるところ!!

と言うことで、今回は「ごめん、愛してる」に出演している「大西礼芳」さんついて紹介します!

スポンサーリンク

大西礼芳のサックス演奏シーンは本当に吹いているのか?

まずはこちらの動画をご覧ください。

学生の頃から吹奏楽部で演奏したり、約7年間サックス演奏をしていたので、腕前はもちろんお聞きの通りです!

と・・・言うことで大西礼芳さんはサックスをちゃんと吹いていることがわかります。

ところで隣の人が気になりませんか?

隣の女性は、大西礼芳さんのサックス指導をしている「前田サラさん」と言うサックス奏者です。

やはり、サックス指導しているの大西礼芳さんもなんだか動きまで似てきて感じがしますw

まぁ、7年間サックスを演奏していたとは言え、学生時代から20歳までのことで、現年齢は27歳の大西礼芳さん。

7年間演奏していても、7年のブランクが・・・!?

そのため、素直に前田サラさんの指導を吸収しすぎて似てきてるのかも知れませんねww

こちらが、指導者前田サラさんのライブでの動画です

個人的な感想ですが、サックスを演奏している女性ってどこか、魅力を感じますよね!?

ねっ?

感じますよね!!

チョット熱くなってすみませんww

あ!

ここでの問題は大西礼芳さんがサックスを吹いてるか?という事です。

先ほどの腕前を見る限りじゃ演奏している感じがするのですが、なんだかしっくりこないというか、吹いてないんじゃないのか・・・?

って思えてなりません。

どうですか?

本当に微妙ですがずれてる感じがします。

回を重ねることに実際に演奏しているシーンが出てくるのでしょうねw

スポンサーリンク

大西礼芳さん演じる古沢塔子ってどんな役どころなの?

冒頭で紹介した通り大西礼芳さん演じる古沢塔子が、主役をも喰ってしまいそうなインパクトなので気になるので紹介します!!

古沢塔子は世界中をと見回ってる天才サックス奏者です。

海外でまず自分をアピールしなきゃダメなので、我が強くなっちゃうんでしょうねw

そんな世界で活躍できているとなれば、感覚も凡人とは違うでしょうし、自由奔放なんだと思います。

自由奔放さが描かれているシーンが、日向サトルが昔からの思いを込めて真っ赤なバラの花束を渡し「付き合ってください」告白し、OKしたのにも関わらず、

トイレって言ったまま店を出ちゃうというかなりのドSww

しかも、出て行ってそのまま帰るのかと思いきや、なんと店先で演奏していた男と

「おもしろそうだからこの人んち泊まる!じゃぁねぇ〜!!」と抱き合ってキスまでしちゃう

付き合ってほんの数時間?数十分?でフラれるという「自分が良ければ、全て良し!!」的なタイプの女性です。

自分と言うものに芯を持っていて、側から見るとかっこいい女性かも知れません。

個人的には全く合わないタイプですねww

お前の好みなんて聞いてねーよ!って声が聞こえてきそうですが、ひとまず謝っときます。

ごめんなさい!!

大西礼芳は「フランケンシュタインの恋」にも出てた?

日曜劇場ドラマではないですが、日曜ドラマの「フランケンシュタインの恋」に玉名瑠以役として出演していました。

玉名瑠以の役どころは、綾野剛さん演じる怪物が居候する稲葉工務店の一員で、一般家事を担当しています。

フェロモンに敏感で怪物に興味津々でチョット変わった役どころ。

だって、怪物の布団から生えたキノコを2話目では炒め物にするぐらいですからww

今回の「ごめん、愛してる」前回の「フランケンシュタインの恋」にしろ、かなり演技力に高い女優さんです。

今後が楽しみで目が離せない女優さんですねw

最後までご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク