相沢悠太の顔画像や自宅が判明!犯行動機は生い立ちが原因? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

事件

相沢悠太の顔画像や自宅が判明!犯行動機は生い立ちが原因?

更新日:

9月19日早朝に仙台市にある仙台東交番で警察官が刺殺されてしまいました。

事件発覚当初は男性とだけで不明でしたが、先ほど交番襲撃をしたのが大学生で仙台市宮城野区に住む相沢悠太容疑者(21)と判明しました。

交番襲撃をした相沢悠太容疑者の顔画像やFacebookなどのSNS、犯行動機などが気になりますが、相沢悠太容疑者は射殺されており供述などは取れません。

ということで今回は、仙台東交番を襲撃した相沢悠太容疑者についてや刺殺された警察官の清野裕彰巡査長について調べてきたいと思います。

事件の概要

19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区東仙台2の宮城県警東仙台交番で、清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺された。

交番の別の部屋にいた40代の男性巡査部長が清野巡査長と男が倒れているのを発見。

男が刃物を持って立ち上がり、向かってきたため、巡査部長は男に向かって拳銃の弾3発を発砲した。

巡査長と男は同市内の病院に搬送後、死亡が確認された。

引用元:毎日新聞

スポンサーリンク

この訪ねてきた男というのが、朝の報道では30代から40代の男性と言われていましたが実際は、21歳の大学生で名前を相沢悠太容疑者と言います。

この相沢悠太容疑者は東仙台交番に「お金を拾いました」と訪ね、47歳の巡査部長と33歳の清野裕彰巡査長の2人が対応し、拾得物の処理のために47歳の巡査部長は別室に移動。

その感、清野裕彰巡査長と相沢悠太容疑者の怒鳴り声が聞こえた為、戻ってみると、血まみれになって倒れている清野裕彰巡査長を発見しました。

その後、相沢悠太容疑者が起き上がり、マシンガンのような物と、刃物をもって襲いかかってきた為、マニュアル通りに武器を捨てるように促すが、その言葉に耳を傾けず向かってきた為2回目の警告で空砲で威嚇をしました。

その制止も聞かず向かってきたので2発、相沢悠太容疑者に対し発砲しました。

刺された、清野裕彰巡査長と撃たれた相沢悠太容疑者は救急搬送されたましたが、病院で2人の死亡を確認しています。

なぜ2発の発砲したのかと疑問を持たれていましたが、ちゃんとした手順での発砲で何の問題ないということでした。

追記:相沢悠太容疑者は撃たれた際に既に亡くなられていたそうです。

事件現場はどこ?

事件現場は東仙台駅から約200メートルの位置にあり、比較的に人通りが多い場所ではあるのですが、事件発生時刻が午前4時ごろと発砲音は聞いた住民は居たと言います。

しかも東仙台交番の隣はタクシー会社で待機所でもあるので、かなり驚かれたのではないかと思われます。

東仙台交番の所在地

所在地:〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目18−36

相沢悠太容疑者の顔画像やFacebookは?

相沢悠太容疑者のFacebookやツイッターなどのSNSは同姓同名はいましたが、本人のアカウントというところまでは行き着きませんでした。

ですが、相沢悠太容疑者の顔画像は判明しました。

こちらが書類送検された相沢悠太容疑者の顔画像です。

名前 相沢悠太(あいざわ ゆうた)
生年月日 1997年?
年齢 21歳没
住所 宮城県仙台市宮城野区新田2丁目
大学 東北学院大学文学部 3年
身長 163cm
体重 61kg
スポンサーリンク

相沢悠太容疑者の性格は東北学院大学の学生に聞くところ、小声で何を喋っているのかわからないという発言があることから、内気で消極的な性格と思われます。

そのような性格なので生い立ちが気になりますがどうなのでしょうか?

追記

相沢悠太容疑者の中学・高校が、東北学院中学校・高等学校ということが判明しました。

相沢悠太容疑者の生い立ちは?

相沢悠太容疑者は、両親と弟との4人家族で、プロフィールに書かれてある住所に住んでいました。

そこで、最近の犯行の傾向をみてネグレクトや育児放棄のことをよく耳にします。

内気で消極的な性格だからと言って、一概にはネグレクトだったとは言えません。

ですが、相沢悠太容疑者自身が亡くなられている為、その事実を確認する術はありませんし、相沢悠太容疑者の両親にその事実を確認したところで、死人に口無し。

仮に本当だったとしても、何とでも言えるのも事実です。

相沢悠太容疑者の犯行動機は?

先ほどもお伝えした通り亡くなられている為、供述を聞くことはできません。

そこで、報道によると、相沢悠太容疑者は「お金を拾いました」といい刃渡り20cmの包丁を取り出し片方の手にはマシンガンのようなものを持って清野巡査長に襲いかかりました。

その時の服装は、黒の半袖シャツでデニムを履いて顔はマスクをして、腰にはウエストポーチをしていました。

相沢悠太容疑者がしていたウエストポーチの中からは、カッターやハサミの刃物とドライバーが入っており、身元につながる免許証等は何も持っていなかったと言います。

その点を鑑みても計画的な犯行と言えるのではないでしょうか?

ですが、計画的だとしても犯行の動機ではありません。

ここ最近のこのような警察官襲撃事件は、決まって若い人が行なっている傾向が見て取れ、2018年に入って3件目です。

河瀬駅前交番警察官射殺事件

4月11日に起きた事件で、滋賀県彦根市の交番で巡査部長が部下である巡査に拳銃で撃たれ死亡しています。

その時の犯人の年齢は当時19歳の巡査で、動機は不明。

富山交番襲撃事件

6月26日に起きた事件で、富山市久方町の交番で刃物を持った元自衛官の島津慧大容疑者が警察官を刺し、拳銃を奪い小学校前で警備員の男性を重した事件。

その島津慧大容疑者は当時21歳で、この時の犯行動機は、バイトでトラブってイライラしており、拳銃を奪うのが目的でした。

このようにこの年代でこのような犯行を起こすとなると、ムシャクシャしてやったり、ただ単に拳銃が欲しかった。

ネグレクトで親に対する腹いせや、日頃のストレスがこの世の中に対する怒りやこの先の将来に対する不安など様々です。

そのことを考えると家庭環境や学校生活など、あまりよくない日々を過ごしていたのかも知れませんし、計画性を考えると拳銃強奪の可能性も捨て切れません。

関連記事:【島津慧大容疑者】顔画像が判明!ツイッターでなりすまし現れる?

スポンサーリンク

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-事件
-, , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.