そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

事件 橋本佳歩のインスタグラム

橋本佳歩のインスタグラムで顔画像と虐待現場が特定!鶴見区の会見が嘘くさい

更新日:

3歳の長女の背中に大ヤケドを負わせてラップを巻いて放置したとして保護責任者遺棄の容疑で逮捕されてた橋本佳歩容疑者のインスタグラムの顔画像が特定されました!

しかも数枚報じられ、子供達と映っている家族写真ものまで…。

ということで今回は、橋本佳歩容疑者のインスタグラムとその顔画像についてと、虐待現場。

鶴見区のこども家庭支援課の会見についてお届けしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件の発覚の裏には長男の活躍が!

3歳の長女が背中から腰のあたりまで大ヤケドを負い患部にラップで巻かれた状態で発見された事件ですが、5歳の長男が近所に住む男性に状況を話ししたことにより事件が明るみになりました。

長女が救急隊に発見された時は意識はもうろうとしており、この長男の行動がなかったから命を落としていた可能性があったと言います。

その時に親である橋本佳歩容疑者と同居している交際相手の田中聡容疑者はなんと、重傷の長女を放置しパチンコをしていました。

長男は、近所の男性に助けを求めに入った時の様子としては、パジャマ一枚で雨に打たれずぶ濡れ状態でした。

妹も背中の痛みで悶え苦しんでいたでしょうし、発見された時には意識が朦朧としていたというので、5歳のお兄ちゃんからすれば、死んじゃったのか?と恐怖と不安でいっぱいだったと思われます。

どうにかして妹を助けようと、母親を探したのでしょう?助けを求めた男性への第一声は『お母さんがいないの』という言葉だったと言います。

そのあとは、『妹の皮が剥けてる』とヤケドの状況を伝え男性の手を引いて自宅につれて行きました。

救急隊が到着して妹を病院に搬送される時にお兄ちゃんは、『連れて行かないで』『1人になりたくないから』と取り残された恐怖を語っていたと言います。

いくらお兄ちゃんだからといってもまだ5歳。

想像するだけで心が締め付けられる思いです。

橋本佳歩と田中聡がヤケドした娘をラップで巻いて放置!妹を助けた兄が凄い

母親と交際相手がヤケドした娘を放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。 しかもヤケドした娘をどういうわけか ...

橋本佳歩容疑者のインスタグラムと顔画像が特定!

こちらの画像はnewsZEROで報じられた橋本佳歩容疑者の顔画像です。

整った顔立ちの女性ということがわかります。

しかも海水浴をしている家族画像までも投稿されていたようですね。

個人的にも、この事件が報じられた時点で、インスタグラムを探してみましたが、同姓同名が多くいたものの、橋本佳歩容疑者のアカウントまで見つけることができませんでした。

ですが、Facebookに関しては、同姓同名で、同じ年齢。

出身地が埼玉県草加市で顔が似たような女性のアカウントが存在しているのですが、特定にまで至っていないので確認が取れ次第お届けしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【追記】インスタグラム・Facebookが特定!

調査を進めていたところインスタグラムが特定でき、その画像がきっかけでFacebookまで特定できました。

Facebookに関しては、以前から怪しんでいてものでした。

では早速確認していきたいと思います。

こちらが橋本佳歩容疑者のインスタグラムの画像で、隣にいるのが田中聡容疑者です。

 

View this post on Instagram

 

2人でおんなじ格好して寝とる笑 #3歳 #1歳 #寝相 #シンクロ #おもろい #可愛い #はるちゃん #服表裏逆よ #息子 #娘

kahoさん(@sk02170722)がシェアした投稿 -

2017年4月10日に投稿されたものですが、助けたお兄ちゃんと火傷を負わされた妹のツーショットです。

ですがこの投稿の次の投稿ですが、目を疑うようなものでした。

わずか4日後の2017年4月14日に投稿されたものがこちらです。

 

View this post on Instagram

 

外人さんのノリの良さ。 #atom #atomtokyo #渋谷 #東京 #club #クラブ

kahoさん(@sk02170722)がシェアした投稿 -

当時でしたら火傷を負った女の子は1歳です。

1歳の子を家に残してきたのでしょうか?わざわざ東京新宿まで出てきて夜遊びに興じているのです。

まぁ、火傷の子供を置いたままパチンコをしに行くぐらいですので、寝ているだろうという事で子供を置いて出て出たと言われても仕方がありません。

とにかくそもそも子育ちに向いていない人物ということがわかります。

昔聞いた話では、子供を可愛い携帯ストラップのようにしか思っていなく、ただ所持しているだけでステータスを感じていると言った母親もいるといいます。

そのタイプなのかもしれませんね?

次にFacebookですが、トップのが画像がこちらです。

このFacebookの特定により、高校まで特定できました。

長男を17歳で出産していることから、中退をしている可能性はありますが、大宮中央高校で生年月日が1997年2月17日です。

虐待現場が特定!

こちらが報じられた熱湯シャワーを浴びせられた虐待が行われた現場になります。

近所の男性がツナギを着ていて手が油で汚れていることから、車関係の仕事をされていると想定し探してみたところ、アパートの特定できました。

そのアパートというのが『バードハイツ』で2階建ての4世帯は入居でき間取りが2DKのアパートです。

子供が5歳の長男と3歳の長女、橋本佳歩容疑者と田中聡容疑者の4人で暮らしていて、お兄ちゃんが小学生に上がる前なので今の所は手狭感はあったにせよ普通に暮らせる広さだったのではないでしょうか?

玄関先のパラボラアンテナや特徴的な玄関ライト、手すりのデザインが一致します。

出典:グーグルマップ

出典:グーグルマップ

先ほど虐待現場の特定に参考にした車関係の仕事をされているという情報で地図にも車関係の店舗があります。

断定はできませんが、おそらくこの自動車販売店にお兄ちゃんは助けを求めに行ったと思われますよね!?

スポンサーリンク

鶴見区の会見が嘘くさい!?

この画像にあるように、橋本佳歩容疑者は2018年5月に埼玉県草加市から現在の横浜市鶴見区に移り住んでいます。

実はその当時から、橋本佳歩容疑者家族は見守りの対象家族でもちろん草加市から鶴見区の方へその報告入っているはずです。

それに加え、2018年11月に親族から児童相談所に子育てに困っていることや怒鳴っていることを相談しています。

おそらくそのことを受け、鶴見区のこども家庭支援課が家庭訪問をしたのでしょう。

それにしても、相談があってから2ヶ月以上経ってからなのです。

ここまで期間が相手の訪問となると、こども家庭支援課というよりかは、鶴見区自体のずさんな対応が問題視されます。

そこで、こども家庭支援課が訪問し、対応したのが田中聡容疑者だったのですが、なぜ鶴見区側は「特に変わった様子はなし」と判断しているのですが、なぜ母親の橋本佳歩容疑者が対応していないのにそのような判断ができたのでしょうか?

子育て困っているのは同居人ではなく母親なのです。

個人的には、母親に直接会って、話を聞いて、様子などを見て判断するのが普通じゃないのかと思いますが、どうなのでしょう?

しかも一番嘘くさいと思ったのが、この場面です。

会見で話していた『3月2日のタイミングを逃しところで(家に)行くしかないと話をしていた』という部分です。

事件が起きてしまった後で、責任回避するために後付けで話されているだけで、話をしていたからっと言って物事が解決しているのではありません。

これはまさに栗原勇一郎被告の時と全く同じ事です。

散々同じようなことを繰り返しておきながら、なぜ同じ事をしてしまうのでしょうか?

これがお役所クオリティーというのでしょうか?

人(こども)の命が関わっているのに、なぜ命の重みを軽んじた対応で納得できるのでしょうか?

何も根拠に『特に変わった様子はなし』と言っているのでしょうか?

ネットでもこのようなコメントがありました。

このような事件をいち早く察知できるところがこども家庭支援課や児童相談所なので、1人でも多くの被害者こどもを助けてもらいたい物ですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


-事件, 橋本佳歩のインスタグラム
-, , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.