【樋田淳也】逮捕理由は万引き!山口県のどこ?逃走経路は? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

事件

【樋田淳也】逮捕理由は万引き!山口県のどこ?逃走経路は?

更新日:

8月12日に樋田淳也容疑者と見られる男が山口県内で身柄確保されました。

ですが、足の刺青や、指紋が一致したため樋田淳也容疑者と確定し、逮捕されました。

樋田淳也容疑者が逃走から48日もかかったことになり、大阪府警への不満や不信感が高まっていたので府警としても安心したのではないでしょうか?

ということで今回は、身柄確保までの逃走経路や、などを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

樋田淳也が逮捕された場所は山口県のどこ?

樋田淳也容疑者が確保されたのは9月29日の19時前で、場所は山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」という場所です。

この道の駅は山口県周南市戸田にあり、24時間営業している道の駅で逃走するにはうってつけだったのかも知れませんが、この場所でとうとう身柄を確保され逮捕に至りました。

ソレーネ周南の情報

道の駅「ソレーネ周南」は、国道2号沿いにある周南市の西の玄関口として、道路利用者が快適に休憩できる場所で屋根付き広場やトイレなどもあり食事も取れる施設です。

所在地 山口県周南市大字戸田2713番地
連絡先 TEL:0834-83-3303
FAX:0834-83-3354
メール info@solene.jp

逮捕された理由は?

樋田淳也容疑者が逃走した富田林警察署からはおよそ360kmあり、逮捕に至った理由は、確保されたソレーネ周南の「食料品売り場で万引き」をしていたところ警備員が発見して警察に通報

駆けつけた警察官がその場では樋田淳也容疑者非常に似ているということで刺青を確認し、指紋も一致したことから樋田淳也容疑者と断定し逮捕に至りました。

そこで、気になるのがどうして山口県に来ていたのかということ。

樋田淳也容疑者はロードバイクで山口県周南市のソレーネ周南に来ていました。

このロードバイクというのが、樋田淳也容疑者が大阪府羽曳野市で盗んだもので、自電車で山口県周南市にまで来ていたと見られています。

その際、樋田淳也容疑者は愛媛県内の道の駅で知り合った男性と一緒に居たのですが、その男性は一緒についてきている男が樋田淳也容疑者だとは気づかなかったと供述していました。

しかも、この二人は一緒に野宿などをしていたようなのですが、一緒に居た男性によると「一人旅がしたかったのに、勝手についてきてうっとうしかった」とも話されていました。

その男性が樋田淳也容疑者の事を気づいて通報していれば、懸賞金が300万円を貰っていたかも知れませんね!?

スポンサーリンク

樋田淳也がここまで逮捕が長引いた要因は?

冒頭でもお伝えしたと通り、富田林警察署から逃走してから逮捕されるまで48日間かかってしまいました。

ここまで逮捕が長引いた要因としては、8月の16日以降の樋田淳也容疑者の足取りが途絶えたことが長引いた要因と言われています。

樋田淳也容疑者の逃走経路は?

8月12日弁護士との接見の後、面会室のアクリル板を足で押し開け、富田林警察署を脱走。

逃走後樋田淳也容疑者は実家のある松原市の路上で黒いミニバイクを盗難し、そのまま大阪市内へ逃走したとみられています。

8月13日に2件のひったくり事件を起こしたとみられており、その後にまた松原市に戻ったとされ8月15日までに羽曳野市や大阪市平野区・生野区・東住吉区と闘争を繰り返していたとされています。

その後の足取りは全くありませんでした。

大阪府警は、インターネットカフェや立ち寄りそうな場所をしらみつぶしに捜査していたのですが、中々見つからなかったとの事でした。

今後、取り調べをしていく中で、今までの逃走経路など様々なことが明らかになると思いますので、新たな情報が上がり次第、追記でお知らせしていきます。

新たの情報で山口県周防大島町に一週間ほど滞在して居たことが判明しました。

その一週間も滞在した場所は周防大島町のどこなのかと言うと、サザンセトとうわという道の駅です。

一週間も滞在したことで、サザンセトとうわの支配人とも仲良くなり、記念撮影にも顔を隠すことの無く

気軽に応じているのです。

しかも、その写真の日付は9月25日で「只今、自転車にて日本横断中!」というフリップを持ち写っているのです。

さらに、樋田淳也容疑者は気を良くしたのか、その支配人宛に「最高の思い出ができました」などと綴り偽名ではあるが感謝を述べていました。

その時の画像がこちらです。

脱走についても簡単だと知人に話していたと言いますし、この様子からすると逮捕されるかも知れ無いという不安や怯えは一切見えませんね。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-事件
-, , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.