そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

【飯塚幸三】退院後 事故

【飯塚幸三】退院後マスクとサングラスで謝罪?上級国民の特権か?

更新日:

池袋の路上で車を暴走させ母子を犠牲にし合計で12人もの死傷者を出した飯塚幸三ですが、今まで胸部の骨を骨折していたことにより、入院をしていた様なのですが、ようやく退院をし記者の前に現れ謝罪をしました。

その時の姿が当時報道された容姿とは、想像がつかないマスクとサングラス姿でとても反省している様に思えず話題になっています。

飯塚幸三が彦起こした事故がきっかけで未来ある母子がなくなっているのになぜ、この様なマスクとサングラス姿が許されるのでしょうか?

ということこで今回は、飯塚幸三の退院後の姿についてと、上級国民の特権なのか『未だ逮捕されてない』理由ついて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【飯塚幸三】退院後マスクとサングラスで謝罪?

池袋でとんでもない事故で胸部骨折を原因に入院していた飯塚幸三ですが、5月18日に退院

目白署で任意の事情聴取を受け、待ち受けた記者の前で自身が起こした事故に対し謝罪をしました。

その時の格好というのがマスクをしサングラス姿母と子の犠牲を出した犯人とは思えない格好で現れました。

しかも、タクシーから目白署に入る数十メートルの間も両手に杖をついてよろめく始末。

以前から飯塚幸三は足に問題を抱えていると報じられていましたが、ここまで足腰の立たない状態で車を運転していたとなると、この様な事故を起こしてしまうの偶然ではなく必然だったのではないでしょうか?

さらにその謝罪の仕方というのが、一旦立ち止まり深々と頭を下げ謝罪をするのではなく、記者の質問に対し『申し訳ございません。ただそれだけです。』と記者から質問をされなかったら謝罪すらしなかったのではないかと思われます。

注目している事件だけあって、この様な『マスクとサングラス姿』で現れた日には…。

  • 『謝罪する気持ちがあるのか?』
  • 『そのマスクとサングラス姿の意味は?』
  • 『マスクとサングラスを外さないのですか?』
  • 『亡くなられた方いるのにその様な姿はふさわしくないのでは?』

などと、飯塚幸三に対し捲したてる様に質問を投げかけるのではないかと思われるのですが、そんなことは一切なくテレビで放送された内容も未だ『飯塚元院長』と紹介され、テロップにも『飯塚幸三元院長(87)』と上級国民のならではの配慮といった忖度報道ばかり。

それにしても、飯塚幸三が記者の質問に答えた感じに発した『申し訳ございません。』という言葉を本当に謝罪と捉えていいのでしょうか?

飯塚幸三は謝罪文を被害者宛に送っていた!

謝罪というと、飯塚幸三は被害者宛に謝罪文を郵送していることが明らかになっています。

画像に書かれている様に78歳の男性に宛てたものなのですが、その内容というのが飯塚幸三が過失を認めた上で

「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、

大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」

「事故により負傷された方々のお名前が、つい先頃まで私共に知らされな

かったために、お詫びが大変遅れましたことも、重ねてお詫び申し上げます」

という内容の謝罪文を郵送しているのです。

そこで少しきになる点が幾つがあるのですが、一つは飯塚幸三は自分で罪を認めている胸をこの謝罪文に綴っているのです。

そうなると、元院長という方等の仕方は忖度を通り越して、内容をネジ負けて報じている様に思えます。

もう一点は、胸部を骨折している方がこの様な達筆な文字を書けるのかという点です。

最初からちゃんと報じられていないせいか、そもそも飯塚幸三は骨折していないのでは?

上級国民ならではの雲隠れ『入院の術』を使ったのでは?と不審かと言いますか、疑念しか出てきません。

これはまさに上級国民の特権なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飯塚幸三は上級国民の特権で逮捕されない?

画像にある様に飯塚幸三は、

  • 『日本計量振興協会元会長』
  • 『株式会社クボタ元副社長』
  • 『日本工学アカデミー顧問』
  • 『日本規格協会監事』
  • 『旧通産省工業技術元院長』

と主な経歴ですが、ここまでの華々しい経歴を持って、しかも旧通産省のお役人となると上級国民として手厚く保護されるのでしょうか?

なぜこの様な上級国民という言葉が出て日本国内で話題になっているのかというと、事故発生時1日以上たっても87歳の男性と報道され身元を伏せられており、ようやく実名報道されると、なぜだか容疑者ではなく『さん』とさん付けで呼ばれ、逮捕されていなかったからです。

そして、退院した後も容疑者ではなく『元院長』と呼ばれ、逮捕されず任意での捜査をされていることです。

この現状を多くの方々が疑問や不審に思っています。

そこで、逮捕には3つ種類があって

  • 現行犯逮捕
  • 通常逮捕
  • 緊急逮捕

があり、交通事故の場合は現行犯逮捕が用いられます。

スポンサーリンク

そこで、飯塚幸三が今まで逮捕されない理由としてあげられるのは、『事故をして救急車で搬送され入院をしていたから』という理由が挙げられます。

入院の原因は胸部骨折などと言われていましたが、入院中に謝罪文を被害者宛に書かれているのですが、ちゃんとした文字で書かれているです。

この文字を見て本当に胸部骨折をしていたのか?と疑いたくなりますし、そもそも入院をしなくて位はいけないほどだったのかが疑問なのですが、実際入院していたので逮捕しなかった事は納得したとして、退院した今はどうでしょうか?

警視庁の発表では、証拠隠蔽や逃走する恐れがないとして逮捕はせず任意での捜査を進めていくと言われており、過失致死傷の容疑での立件に向け事実関係を調べていると報じていました。

では、神戸で起きたバスの事故ですが、この事故も犠牲者が出ており、大野二巳雄容疑者は数時間後に実名報道され逮捕されています。

飯塚幸三は証拠隠蔽や逃走する恐れがなくてバスの運転手の大野二巳雄容疑者は証拠隠蔽や逃走する可能性があったという事でしょうか?

最近でいうと、死者は出ていないものの、泉水卓容疑者は事故発生1時間後には実名報道され逮捕されているのです。

ということは大野二巳雄容疑者同様、泉水卓容疑者も証拠隠蔽や逃走する恐れがあるということになります。

何を基準に証拠隠滅や逃走する・しないの判断をしているのでしょうか?

その判断基準を公表してくれれば誰もが納得いくのですが、この容疑者達の違いといえば上級国民かそうでないかの違いぐらいしか代わりは内容の思えるのですが…?

飯塚幸三は事故後、家族に連絡を取り、ご自身のフェイスブックを削除を依頼しており、まさにこれこそ隠蔽というのではないでしょうか?

その点を鑑みると、飯塚幸三の方が自分の立場や名誉を守るために隠蔽をする確率は高いと言えるのではないかと思います。

しかも、手紙では罪を認めているのにも関わらず、警視庁の聴取に対し未だ『アクセルペダルが戻らなかった』『ブレーキペダルを踏んだが効かなかった』と乗っていたプリウスのせいにする始末。

事故後の調査では車に異常は発見されていないと言われているのに…。

それに加えて、報道の方も飯塚幸三は被害者に対し自ら罪を認めていると報じて起きながら、未だ『元院長』と容疑者としては報じていません。

まさに上級国民の特権と言わざるを得ないですよね!

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-【飯塚幸三】退院後, 事故
-, , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.