カショギ(サウジ記者)のこぎり拷問で?殺害するほどの脅威なのか? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

カショギ(サウジ記者)

カショギ(サウジ記者)のこぎり拷問で?殺害するほどの脅威なのか?

投稿日:

サウジ記者のカショギ氏が行方不明になった事件は結局、トルコにあるサウジアラビア領事館で亡くなられていた事がわかりました。

事件当時は、失踪事件として扱われていましたが、日を追うごとに色々と判明し、暗殺をされていた事がわかりました。

本当に生きたまま「ノコギリで拷問」されて亡くなったのでしょうか?

そもそも、カショギ氏は、サウジアラビアにとって本当に殺害しないといけない程の脅威だったのでしょうか?

という事で今回は、サウジ記者のカショギ氏の謎について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

カショギ氏(サウジ記者)の亡くなった今までの経過

主な動きだけをまとめてお伝えしたいと思います。

  • 9月28日
    結婚書類の不備でサウジ総領事館に再訪問するように言われ、10月2日に行くことを伝える
    その数日後にサウジ総領事館から2回電話があり、必ず来るのかの確認があった
  • 10月2日
    午前3時30分ごろプライベートジェットで15人の暗殺集団がトルコ入りする。
    午後1時過ぎにカショギ氏が再訪問をし、総領事館に入った後に消息不明になる。
  • 10月3日
    トルコ側がカショギ氏が領事館に入ってから出ていないと見解を示す。
  • 10月6日
    ロイター通信がトリコ側の意見としてカショギ氏はどうやらサウジ総領事館内で殺害されたと報道し、サウジ政府関係者の関与した疑いも報じた。
  • 10月16日
    トルコメディアが領事館内の音声データがあることを公表し、内容に一部を報道
  • 10月20日
    サウジアラビア側が領事館内でカショギ氏が死亡したことを発表する。
  • 10月23日
    エルドアン大統領が捜査の結果を公表

これがカショギ氏に関する今までの経過です。

【カショギ氏】のこぎり拷問で亡くなったのは本当?

経過でもお伝えした通り、10月20日にサウジアラビア側が総領事館内でカショギ氏が亡くなったことを発表していますが、その時のやりとりと言うのが口論の末、亡くなったと言われていましたが、詳細がわかり次のように報じられています。

ムハンマド皇太子とカショギ氏が直接電話で会話をし、ムハンマド皇太子から帰国するように指示されるのですが、カショギ氏は帰国を否定しました。

そこで、同日にトルコに入国していた集団がカショギ氏に薬品を投与してサウジアラビアに連れ帰ろうと試みたところ、カショギ氏が大声をあげ騒いだたため、亡くなってしまったと言われています。

そこで気になる「のこぎり」なのですが、報道によると、サラ・ムハメド・トゥバイギ医師(中佐)がプライベートジェットで到着した際、「骨のこぎり」を持参していたと述べてたためのこぎりによる切断の可能性が高いと言われており、国内の報道でも生きたまま切断され、要した時間は7分間と報じられています。

仮に音声データの全内容が公表されたとしても映像がないがない限りは、のこぎりを使ったものなのかは可能性があると言うだけで詳細は不明のままです。

その後の事実関係で使われた道具なども明らかになるでしょう。

スポンサーリンク

カショギ氏はサウジアラビアからして本当に脅威だったのか?

サウジアラビアでは日本とは違い、死刑が適用される犯罪の量が多く驚くものもあり、その内容というのが、

  • 殺人
  • 窃盗
  • 同性愛
  • 不倫と婚前性交渉
  • 強姦
  • 売春
  • 王国に対する冒涜
  • イスラム教への冒涜

が挙げられます。

そのことにより、わかることといえばサウジアラビア側からすれば、カショギ氏の書く記事の内容やカショギ氏自身に対しては全くの脅威とは思っておらず、サウジアラビア国内の法律に准ずるものと思われます。

しかも、ムハンマド皇太子に皇位継承権を得てからは、斬首の刑が急激に増加しており月平均の死刑執行は16人で2018年内で200人を超えるとも言われています。

カショギ氏が亡くなった件に対してムハンマド皇太子は関与を否定しているのですが、「ただ法律に違反しただけ」違反した者に正義の裁きがなされたという感覚しかなく、そのため「大騒ぎしすぎる」と発言をしているのかも知れませんね?

スポンサーリンク

今後は、ムハンマド皇太子の関与などがどうなるのかが気になりますが、真相解明に努めると言っていたエルドアン大統領の発表は今まで報じていた内容と同じものだったのが残念でした。

新たな情報が上がり次第追記していきます。

スポンサーリンク


-カショギ(サウジ記者)
-, , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.