そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

事件 川島美沙の病院(産婦人科)はどこ

川島美沙の病院(産婦人科)はどこ?病院側が提示した死因は別の要因とは?

投稿日:

スポンサーリンク

赤ちゃんを出産をした川島美沙さんが数時間後に急変し我が子を抱くことができないまま、この世を去ってしまいました。

直接の死因は大量出血の末に亡くなられていることは判明しているのですが、遺族側と病院側では川島美沙さんがなくなった要因について意見が分かれているようで、死因も気になるところ。

ということで今回は、亡くなられた川島美沙さんが入院していた病院(産婦人科)についてと、直接の死因について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川島美沙さんが亡くなられた死因とは?

川島美沙さんが赤ちゃんを出産したのが2017年8月で、なかなか産気づかなかったのでしょうか?

陣痛促進剤を投与したといいます。

なかなかうまくいかず、陣痛促進剤をつかて出産することは特に珍しいことではなく、よく聞く話だと思います。

その陣痛促進剤を投与したことで数時間後に出血多量になり、亡くなられたといいます。

ですが、なぜこのような結果になってしまったのでしょうか?

陣痛促進剤のリスクは?

多くの妊婦さんが使用したことがあると思われる陣痛促進剤ですが、おそらく安全なものと思っていた方が多いのではないでしょうか?

ですが、陣痛促進剤はあくまでも意図的に陣痛を引き起こすもので、リスクは当然あるのですが、投与量を間違わなければ、安全な薬と言われています。

そこで投与量を間違えてしまうと陣痛が強くなりすぎ『子宮破裂』を引き起こす可能性があります。

その子宮破裂が原因で亡くなられたと遺族側が主張しています。

病院の対応は適切だった?

川島美沙さんの遺族側からしたら、陣痛促進剤を適量投与をされず、挙げ句の果てには出血をしているのにも関わらず適切な処置をさえておらず、川島美沙さんの父親は『怠慢ですよね。人の命をどう思っているのか。これは人為的なものだと思う。そのまま放置しておくのは納得できない話』と語られています。

そんな中、病院側はの報告書には『別の要因で死亡した』とされています。

ではいったいどのよ要因で川島美沙さんは亡くなられたのでしょうか?

その死因について病院側に問い合わせたところ『状況が入ってきておらず、現時点でコメントは差し控えます』と回答しています。

そんな病院だからでしょうか?

驚きなことに、川島美沙さんが亡くなられたことを遺族側(夫)に伝えた時の言葉は『心臓は止まっちゃってるけど、びっくりしないでね』という伝え方をしたようです。

決して川島美沙さんが亡くなったことが仕方がないということではありませんが、そのような伝え方は病院として最悪な告知だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川島美沙が入院していた病院(産婦人科)はどこ?

川島美沙さんの死をあまりにも軽んじた告知をした一般的には考えられない病院ですが、いったい神奈川県のどこの病院なのでしょうか?

早速調べてみましたがどの報道機関でも病院名を公表していません。

本当に医療ミスが原因で亡くなったのか?ということもありますし、実際、通院・入院されている患者さんがいるという配慮から公表はしていないと思います。

ですが、個人的には自分が通っている病院が軽んじた発言をするところだったらいち早く公表してもらいたいものです。

今回、遺族側は適切な陣痛促進剤を投与されておらず、出血時も止血や輸血などの適切な処置をされなかったと、病院側を相手取りおよそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こしたことにより、病院名はいずれ明るみに出ると思います。

ですので、新たな情報が入り次第、追記にてお届けします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク


-事件, 川島美沙の病院(産婦人科)はどこ
-, , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.