そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

事件 詩梨ちゃんの保育園

詩梨ちゃんの保育園も不安視!なぜ児相が受理や臨検をしなかった?

更新日:

札幌市で池田莉菜容疑者と藤原一弥容疑者による虐待によって池田詩梨ちゃんが衰弱死した事件で、詩梨ちゃんが通っていた保育園も虐待について不安視していたのにも関わらず、児相(児童相談所)の対応が問題視されています。

それもそのはず、警察から動向を要求にたいし、回答をせず無視。

その結果、詩梨ちゃんが亡くなりまた。

世の中では、児相の対応が原因ではないかという声まで上がっています。

という事で今回は、虐待によって衰弱死した詩梨ちゃんに対する周りの対応についてお届けしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詩梨ちゃんの保育園も不安視!

詩梨ちゃんは1歳の頃、札幌市中央区にある24時間対応の保育園に預けられていました。

キャバクラで働いていた池田莉菜容疑者は夜に働くため24時間対応の保育園はかなり助かる存在だと思います。

池田莉菜容疑者が詩梨ちゃんを預けていた期間が無くなる直前までではなく2017年11月頃から半年間の間で、預かっていたときから詩梨ちゃんは他の園児と比べて極端に痩せ細っていたようです。

その事から保育園は池田莉菜容疑者のネグレクトがあったのではないかと不安視していたと言います。

他にも保育園が不安視していた事があり、2017年11月〜2018年4月は、週1回詩梨ちゃんを預けに来ていたようですが、2〜3日迎えに来ないことが度々あり、保育園側から注意を受けていたと言います。

その頃から、詩梨ちゃんへの愛情は薄れ遊びや男の方に気持ちが行っていたと思われます。

しかも、北海道の真冬にオムツとシャツ1枚だけの薄着の状態で預けられることもあったと言います。

おそらく預けるタイミングとしては、仕事に行く時間帯なので夜の19時20時ぐらいの時間と思われますので、池田莉菜容疑者はお店に行く格好で着飾りコートなどを着て暖かい格好をしていたと思われます。

実際、新たな情報として病院に搬送された詩梨ちゃんの体重は6キロほどで、平均体重の半分しかなかったと報じられていました。

ちなみに詩梨ちゃんが預けられていた24時間保育園を調べてみましたが、札幌市中央区に24時間保育園は、かなりの数あったので特定には至りませんでした。

そこで、池田莉菜容疑者の働いていたオーシャンスカイは北海道札幌市中央区南4条西3丁目にあるので、その周辺の保育園かも知れませんね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ児相が受理や臨検をしなかった?

ネット上でも話題になっている児相の対応問題で、この対応によって詩梨ちゃんが亡くなった原因の一つではないかとも言われています。

今回、近隣住民と警察から3度も通告を受けておきながら、虐待はないと虐待受理をしていませんでした。

しかも、警察側から児相側に対し、同行を求めていました。

ですが、いくら待っても児相からの回答は来なかったと言います。

一方、児相側は『今回は警察のみで対応したい』と連絡があったと主張し、警察から強制力のある『臨検』の提案されたことについて、『提案を受けた認識はなかった』となんともおそまつな主張をしているのです。

さらに、児相は5月15日に警察が池田莉菜容疑者の自宅訪問をし、母子と面会ができ虐待の事実はなかったと勝手に判断をしている事に驚きです。

元々を言えば、何度か池田莉菜容疑者への面談ができておらず、48時間以内に安全確認が取れていないことから児相側から警察などや関係機関と情報共有を急いだ上で、速やかに立ち入り調査などで安全確認をするというルールが有るのに一切守る様子もないのです。

仮に児相が主張するように虐待の事実が無かったとしても一旦は児相に上がってきた相談なので称さし確認することが義務だた思われるのですが、この札幌児童相談所はその後の調査を一切するこなく、虐待調査を勝手に打ち切るという職務怠慢を働いているのです。

ここでの問題点としては、警察側にも非があるのかも知れませんが、仮に非があったとしても虐待があったのは周知の事実。

  • 虐待はないと勝手に判断したこと
  • 48時間ルールを守っていなかったこと

このたった2つ、札幌児童相談所が勝手に判断したり、守らなかったという怠慢により詩梨ちゃんは亡くなってしまったと言っても過言ではありません。

この札幌児童相談所に対し、立川志らくさんはTBSの情報番組に出演した際、『ちゃんと指示があったのにやらない。職務怠慢ですよ。それで一人の命を失ってしまった。完全に救えるはずだった』と憤慨し『この札幌の児童相談所は看板を下ろすべき』と厳しいコメントをしています。

個人的にも、会見を見ていると、詩梨ちゃんのことをそっちのけで、自分たち(札幌児童相談所)を守るために必死に言い訳をしているようで、なんとも残念な人達なんだと感じました。

おそらく、札幌在住で小さなお子さんがいる家庭などは、自分の地域の児童相談所がこの様な感じで大丈夫なのか?と嘆いている方は多いのではないでしょうか?

今更、改善に奮闘しているようですが、大卒といった頭のいい人ばかり集めてもこの様な事件が起きてから改善をするようじゃ、中卒だろうが高卒だろうが、人の痛みが分かる人材や思いやりのある人材。

細かいところにも気付き、気配りのできる人材をこの様な部署には居てほしいものですね。

スポンサーリンク

世間の声は?

こんな状態では、救える命が救えなくて当然に思える。担当職員が大変なのは分かるけど、それが仕事だし言い訳にもならない。

市長も何かコメントを正式に出した方が良いのでは?

児相の説明は二転三転して信用出来ない。
そもそも育児放棄や児童虐待では警察だけでは対応出来ない。
この期に及んでの児相の態度は責任逃れにしか見えない。
児童相談所の主張は初めの話とコロコロ変わっている、たぶん都合が悪くなり嘘をついているんでしょうね。
そら、公務員は極力責任取りたくないからなあ。
どうしてボロが出る嘘をつくのかなぁ。
保身に走りすぎ。
言い訳だけは一丁前のお役所仕事
結局誰も面倒くさくなって相手にしなかったんでしょ?
なんだってそうだけど、人ひとり死んだらようやくみんな動くんだよな。
それもまた面倒くさそうに、だけど。

やはり、多くの方が児相に対して、悪印象だけ持ってるようですね。

しかも、警察も児相も公務員が業務としてやっていることで、税金によって賄われていることを念頭に置いて、言った言わない的な水掛け論のような言い訳をしないでほしいものですね。

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-事件, 詩梨ちゃんの保育園
-, , , , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.