そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

事件 栗原心愛 沖縄の小学校

栗原心愛 沖縄の小学校でも虐待を確認!なぜ見逃した?子供の声は届かない

更新日:

スポンサーリンク

 

栗原勇一郎容疑者の度重なる虐待により、この世を去ってしまった栗原心愛ちゃん

ですが、多くの人たちが知っておきながらも、虐待を見逃してしまい結果、悲惨な事になってしまいました。

なぜ栗原心愛ちゃんからの虐待のSOSを見逃したのでしょうか?

その裏には子供の声(意見)を軽んじているところがあり、その事が原因と言われています。

ということで今回は、栗原勇一郎容疑者が起こした虐待により亡くなってしまった栗原心愛ちゃんの事件を追ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県野田市のアパートで10歳の長女に暴行を加えてけがをさせたとして、41歳の父親が逮捕されました。長女は死亡しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、野田市山崎の自称・会社員、栗原勇一郎容疑者(41)で、24日、長女で小学4年生の心愛さん(10)の髪を引っ張りシャワーの冷水をかけたほか、首の辺りをつかむなどの暴行を加え、すり傷を負わせた疑いがもたれています。

栗原容疑者自身が24日午後11時過ぎに「もみ合いになって娘の意識がなくなった」などと通報し、消防が駆けつけると、心愛さんはすでに死亡していました。栗原容疑者は妻と娘2人の4人暮らしで、警察は日常的な虐待があったとみて、暴行と死亡との関連を調べる方針です。

沖縄の小学校でも虐待を確認!

以前から日常的に虐待はあったのではないかという話は話題に上がっていたのですが、取材が進むにつれて新たに分かってきた事がありました。

その事実というのが、タイトルにもあるように千葉県野田市に引越しする前の通っていた沖縄の小学校でも虐待が認められていたという事です。

その事で、栗原勇一郎容疑者の虐待は日常的に行われているのが判明しました。

しかも、以前から母親は栗原心愛ちゃんが虐待を受けている時に止めに入らなかったのかという事に対しても、栗原勇一郎容疑者のDVがあった為、恐怖のあまり止めに行く事が出来なかったのでは無いかという事が推測できます。

沖縄で通っていた小学校の親友が、栗原心愛ちゃんの背中などにアザがあるのは見つけ、聞いたところ黙り込んだと言います。

しかもこの虐待が始まったのは、両親の仲が悪くなって父親から暴力を振るわれるようになったと親友に相談しており、幼稚園の頃から続いていました。

なぜ幼稚園の頃から虐待は続いていたのに周りの大人はどうしてい他のでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

なぜ見逃した?子供の声は届かない

先ほど、虐待の事実を知っていた親友の話によると、栗原勇一郎容疑者は「裏表」があったり、「友達の前では優しいお父さんでなのに友達や母親がいない時に殴ったりする」と栗原心愛ちゃんが言っていたようです。

しかも、母親が長時間いないとその間は平手打ちなどで叩かれいつも泣いていました。

そんな中、学校では月に一回アンケートがあり栗原心愛ちゃんは日常の辛さから、アンケートに『虐待されている』と書いて出しました。

おそらく自分の親を売る行為になるので、子供ながらにも色々考え耐えれなくなっての投稿だと思われます。

なのに担任は「親のしつけ」と言いまともに話を聞きれませんでした。

そこで栗原心愛ちゃんは、先生(学校)に対するSOSもダメだと判断したのでしょうか?

アンケートに虐待の事実を書いて投稿したのはこの一回きりだったようです。

ですが、2017年の7月ごろ、栗原心愛ちゃんの親族から『母親へのDVや心愛ちゃんへの恫喝があって不安なんでみてください』と住んでいる糸満市に相談が寄せられました。

この相談を受け初めて学校が心愛ちゃんの状況を観察すると同時に栗原勇一郎容疑者と三者面談を実施しました。

どのような調査をしたのかは不明ですが、「虐待の事実は無し」と判断。

その後、糸満市が家庭訪問を2度にわたって打診したものの家庭訪問直線で父親の栗原勇一郎容疑者がキャンセルし実現されていません。

そのまま学校は夏休みに入り、栗原勇一郎容疑者の実家がある千葉県に帰省しそのまま事件のあった野田市に一家て転居をしています。

家庭訪問も2度にわたってドタキャンになり、そのまま逃げるかのように千葉県に転居。

この事実を受け糸満市は千葉県野田市の役場には注意が必要な『ハイリスク世帯』として申し送りをしていました。

ですが、糸満市は学校からの報告があったように「虐待の事実は無し」と報告としており、野田市には栗原心愛ちゃんへの虐待についての情報提供はなされていませんでした。

なぜ、子供が気づいた心愛ちゃんの異変に大人は気付けなかったのでしょうか?

おそらくですが、タイトルにもあるように子供の発言あまりにも軽くみており、大人の勝手な判断でその場の関係に支障がないようになどと、子供の声(栗原心愛ちゃんや同級生)を聞き入れてもらえず。

当時の、栗原心愛ちゃんは相当な絶望感を感じた事と思われます。

そのような子供が出てこないように!

同じことを繰り返さないように!

お国をあげて取り組んでもらいたいものですね。

関連記事

栗原なぎさのFacebookで顔画像特定か?離婚し再婚していた!

栗原勇一郎の顔画像や職業は?犯行動機と家族構成・娘の小学校は?

栗原勇一郎の勤務先が特定!虐待死の真相は周りの大人たちが原因?

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


-事件, 栗原心愛 沖縄の小学校
-, , , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.