中村精寛のトライブレコーダー「はい終わり」の言い訳に遺族が激怒! | そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

中村精寛のトライブレコーダー 事件

中村精寛のトライブレコーダー「はい終わり」の言い訳に遺族が激怒!

投稿日:

スポンサーリンク

 

元警備員の中村精寛被告あおり運転をして大学生の高田拓海さんの運転するバイクに追突し殺害した事で逮捕されました。

しかも、中村精寛被告が運転していた車にはドライブレコーダーが搭載されており、その映像には中村精寛被告の声で「はい、終わり〜」という、音声が入っていて高田拓海さんのバイクをあおり運転をし、あえて追突したことで自分の鬱憤が晴れたような言い方をしているのです。

ですが、その「はい、終わり〜」には中村精寛被告なりの言い訳があるようで、この言葉により被害者遺族が激怒しています。

と言う事で今回は、中村精寛被告が行なった一連のあおり運転についてと「はい、終わり〜」の意味について追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

堺市で昨年7月、あおり運転で車をバイクに追突させ、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた無職中村精寛あきひろ被告(40)(堺市南区)の裁判員裁判の初公判が15日、大阪地裁堺支部であり、中村被告は「故意に追突させたことはない」と殺意を否認した。

 起訴状では、被告は昨年7月2日夜、堺市南区の大阪府道で乗用車を運転中、堺市西区の大学4年高田拓海さん(22)運転のバイクに追い抜かれたことに立腹して追跡。

高田さんが死ぬかもしれないと認識しながら時速96~97キロで追突し転倒させ、殺害したとされる。

引用元:読売オンライン

この追突の後に中村精寛被告の声で『はい、終わり〜』と呟いており、その言葉のテンション的にはとても軽い気持ちのように聞こえたと言います。

まさに高田拓海さんに対して、『ゲームオーバー』と言っているようなものでしょう。

そこで気になるのは、そもそも中村精寛被告がなぜ「あおり運転」をしたのかという事です。

報道では、高田拓海さんが運転するバイクに追い抜かれたことに腹を立て追いかけ回し、追突して殺害したと言われていましたが、中村精寛被告は、罪状認否で「被害者を死亡させたのは事実だが、いつも通っている道路で、バイクに抜かれてぐらいで腹を立てる事はないし、追いかけ回したことはない」と否定しています。

だとしたら、なにが原因で中村精寛被告が、あおり運転をしたのかが気になるところですが、腹を立てておあり運転したのは大方事実で間違い無いと思われます。

では、このようなひどい運転をした中村精寛被告とはどんな人物でしょうか?

中村精寛被告について

テレビで何度も中村精寛被告の顔をあなたもご覧になった事でしょう。

名前 中村精寛(なかむら あきひろ)
年齢 40歳
住所 堺市南区
職業 無職(元警備員)

この手の事件になると、最近よく調べられるのが、フェイスブックやツイッターなどのSNSですが、同姓同名の方は存在するものの本人特定までは至らず、どのような私生活を送っているのかは不明でした。

家族構成としては、奥さんがいるのは判明しています。

しかも、その奥さんが『二度と運転ができないように監視します』とコメントをしています。

中村精寛被告は、とても身勝手な犯行でしかも、逮捕当初から嘘の供述ばかりで素行の悪さが伺えるのですが「監視する」という事は、奥さんは離婚は考えていないようですね。

トライブレコーダー「はい終わり」の言い訳がヤバい

この供述にはとても無理があると思いますが、中村精寛被告なりに「はい、終わり〜」の言葉には意味があるようです。

その意味というのが、高田拓海さんを追突してすぐに頭い浮かんだのが仕事のことで、『事故を起こすと仕事ができなくなる』と思った為、「はい、終わり〜」と言葉は中村精寛被告自身に向けて呟いたと供述しています。

仮に100歩譲ってあおり運転をしていなとして、相手に追突してしまったら普通に考えて、まず頭に浮かぶのは追突させてしまった相手の安否では無いでしょうか?

しかも、そこで頭に浮かんだのが仕事というのは普通の人の考え方では無いと思われます。

仕事のことを考えていたとしても、「ヤバい!やってしまった!!」「どうしよう…。」という言葉が正しいチョイスだと思います。

自分に対しての言葉と供述をしていても、日本国民全員がただの言い訳でしょ!と思っているはずです。

世間の声としては…。

いい歳こいて自分がしでかしたことに言い訳ばっかして気持ち悪いわ
あおり運転。中村精寛被告は、言い訳をしてるが100%、故意にぶつけてる。ひどすぎる。死刑か無期懲役が妥当。

この言葉同様、被害者遺族同じ気持ちだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

「はい終わり」の言い訳に遺族が激怒!

高田拓海さんの妹

高田拓海さんの妹さんは中村精寛被告の車に搭載されているドライブレコーダーの映像を見ています。

モニタ越しとはいえ、自分の兄が中村精寛被告の手によって煽られ、挙げ句の果てには追突され亡くなっている映像なのです。

考えただけで酷い話なのですが、その映像を見て「ドライブレコーダーの映像を見ましたが、兄は何も悪いことはしていない。やはり相手のことは絶対に許せない」と答えています。

しかも、涙声で…。

この言葉に対して、中村精寛被告は「尊い命を奪ったことを深く反省しています。まことに申し訳ありませんでした」と謝罪をしていますが、妹さんは、「誤ってはいるが、こっちを見て謝る事はせず裁判官の方ばかり見て本当に思っているようには聞こえなかった」と答えいています。

裁判官の方ばかり見て謝罪しているとなると、遺族側に誤っているのではなく裁判官に対して、罪を少しでも軽くしてほしいと願っているように感じますね。

しかも、「はい、終わり〜」の言葉について、自分の人生が終わったように言っていたが、兄に対する『ゲームオーバー』みたいな感じの言い方をしていて、嘘をついているようにしか思えないないと語っています。

高田拓海さんの母親

高田拓海さんの母親は、どんな気持ちで中村精寛被告から逃げていたか、高田拓海さんがどれだけ怖い思いをしたか。

「私の大切な拓海を、拓海の人生を返して」と悲痛の思いを語っています。

高田拓海さんの叔父

高田拓海さんの祖父も中村精寛被告のドライブレコーダーの一部始終視聴し「はい、終わり〜」のつぶやきを聞いています。

その声や言い方を聞いて感じたのでしょう?

全く、反省の色もなく、嘘を嘘で塗り固めている事を。

「自分を守るために必死で嘘ついているようにしか見えませんでした」と語られていました。

しかも中村精寛被告が行なったあおり運転を叔父はあおり運転とは思っておらず、車という凶器を使った殺人と怒りを露わにしていました。

もし仮に、この一件が殺人で扱われずに過失運転致死として取り扱われてしまえば、思いたくはありませんが、殺意を持っている相手に車を使って事故を装ってしまえば殺人としてではなく過失運転致死として罪をわざと軽くすることが可能となります。

是非とも、遺族の意向を汲んで、誰もが納得いく裁きを与えてもらいたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-中村精寛のトライブレコーダー, 事件
-, , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 AllRights Reserved.