大野美幸 日大チア部監督の経歴や顔画像は?パワハラの内容がヤバい! - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

スポーツ

大野美幸 日大チア部監督の経歴や顔画像は?パワハラの内容がヤバい!

投稿日:

引用元:FNN PRIME

日大悪質タックルに続き、またもや発覚してしまった日大問題!

今回の日大問題というのは、チアリーディング部が起こした問題なのですが、これまた監督がパワハラをしてしまっています。

その日大のチアリーディング部の監督というのが「大野美幸」さん。

という事で今回は、大野美幸さんの経歴や顔画像やパワハラの内容など紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大野美幸の経歴と顔画像

引用元:Yahoo!知恵袋

こちらが画像が日大チア部の大野美幸監督の顔画像です。

この顔画像は日大のホームページで使われていたものなのですが、現在は日大のチアリーディングのポームページは削除されています。

画像:スクリーンショット

日大アメフトの時には対応が後手後手で大炎上してしまったことを学習し、今回は先手必勝でチアリーディング部のサイトを削除したのかもしれませんね?

ですが、キャッシュ残っていて、形は崩れているものの確認ができました。

まず、日大チア部の正式名称は応援リーダー部で、2002年に創部しており、日大の歴史の中では若い部なのでしょうね。

チーム愛称は各局で報じられて皆さんご存知だとは思いますが、「ディッパーズ」と言います。

そのデッィパーズのモットーは「元気・勇気・笑顔」で、保健体育審議会に所属する運動競技部を応援しており、チアリーディング競技大会では常に好成績を上げています。

そこで、大野美幸監督の目標が掲載されており、次のようなコメントがありました。

「全国大会レベルでは3位以内に入ることが目標です。

しかし常に優勝を目指しています。

若いチームですので、着実に一歩一歩、結果を出していきます。

常に「明るく、礼儀正しく」を基本に、皆が憧れるチームになることを目指しています。」

大野美幸の経歴

次に気になる経歴ですが、出身校はみなさん察しが付くと思います。

そう、日大出身者で高校は「日本大学習志野高校」で大学はもちろん日本大学で、チアリーディング部で活動されていました。

その証拠に、ホームページに過去の成績が残っており、監督だけではなく選手としても大野美幸さんの名前が載っていました。

この気になる成績がこちらです。

平成20年度成績

平成21年度成績

平成22年度成績

平成23年度成績

平成24年度成績

平成25年度成績

平成26年度成績

平成27年度成績

平成28年度成績

こちらの過去の成績を見てお気づきだと思いますが、平成20年度から平成22年度まで選手として登録されています。

その後、大野美幸さんの名前は平成27年度から監督して顔画像付きで紹介されています。

そのことからして、2011年の3月に日大を卒業して、2016年に日大のチアリーディングの部長として働かれているということになります。

こちらが、日大チア部の指導風景です。

この画像と経歴を見てわかる通り大野美幸監督は20代後半とかなり若い監督ということになります。

やはり、同性ですし年齢も近いことから衝突が頻繁にあったのでしょうか?

スポンサーリンク

日大チア部の問題とは?

8月9日にアメフト問題とは別に新たなパワハラを告発する文書が発表されました。

この告発文というのがこちらです。

引用元:FNN PRIME

この告発文といよると、大野美幸監督が特定の部員に対し、パワハラ発言を繰り返していたというもの。

しかも、監督だけでも辛いはずのパワハラなのに、同期や先輩からも責められていたようなのです。

もちろん家族側は、大学と監督にこの事について対応を求めたのですが、解決策も何もなされないため、今回の告発に至ったようです。

その結果、指導に支障があるという事で、大野美幸監督は解任されてしまいました。

その時の解任通知です。

引用元:FNN PRIME

8月9日に告発文が発表され、同日に解任というアメフトとは大違いでかなりの速さでの対応をしています。

この異例の対応の早さに個人的に感じたことは、とても早い対応が逆にアメフトでの当てつけのように思えましたし、逆に大野美幸監督は守るべき人物では無いんだなと思いました。

大野美幸が行なっていたパワハラとは?

一番きになるところでもある、パワハラの内容ですよね。

という事で日大チア部で行われていたパワハラ行為を紹介していきます。

事の発端というのが、2017年1月の大雪が降った日のことで、ほとんどの部活は練習などを中止なか、応援リーダー部(日大チア部)だけはその連絡がなかったようです。

その連絡がないことを、女子部員が知り合いの事務員に話、その事務員が監督に連絡を。

その後、大雪のため応援リーダー部(日大チア部)の練習は中止になりました。

後日、監督から全員に、

『雪で練習が無くなったからといって叫ぶなど部を背負っているとは思えない行動をしている人がいるようです。心あたりのある人は直接連絡をしてください』

と連絡が入り、事務員に伝えた女子部員は監督宛にLINEで謝罪をしました。

その謝罪で終わったかと思われたのですが、監督の怒りは収まらず女子部員の同じ学部で同学年の部員にも責任追及を受け、女子部員は同学年全員の前で謝罪したそうです。

その謝罪後も大野美幸監督は女子部員に対する態度は、一向に改善される事はなく、監督からは、

『お前みたいにプライドが高くて過去の栄光にすがりついているやつには、自分の罪を認めることをも反省することも無理だよ』

『いつまでも母校のスウェット履いて。本当、学校の恥だよ。今すぐ脱げ。二度と履くな』

と、ちょっとチアリーディングとは掛け離れたところで注意されたり、同学年や先輩からは、「反省しているように見えない」と責め立てられ訴えた女子部員は過呼吸になった事がありことを明かしています。

その時も、周りの反応は、

『どうせ演技でしょ?』

『過呼吸なんてすぐ治る』

と、精神的に追い詰められ、監督と一部の部員による言動がもとで練習に行くことができなくなったと告発文に書かれていました。

そんな事があったのにも関わらず、女子部員やその親に対して対応を求めることをしても、生徒からの声を聞かないのが日大スタイルなのでしょうか?

スポンサーリンク

最後に

そもそもなのですが、個人的には練習の有無の連絡をしなかった大野美幸監督に非があるのではと思うのですが、どうなんでしょうね?

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-スポーツ
-, , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.