佐々木貴浩社長の飲食店よりもhプロジェクトのブラック企業感が気になる - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

事件

佐々木貴浩社長の飲食店よりもhプロジェクトのブラック企業感が気になる

更新日:

佐々木貴浩社長が経営しているhプロジェクトに所属していた大本萌景(ほのか)さん自殺してしまった件で、hプロジェクトのブラック企業の事実やの自殺に追い込んだんじゃないかと言われているラインの内容や言動が話題になっています。

話題になっているのが佐々木貴浩社長に飲食店ですが、それよりも、hプロジェクトの実態が気になります。

そこで今回は、佐々木貴浩社長のhプロジェクトの契約内容や社長の言動やスタッフが送ったといわれている。ラインについて調べてみたたいと思います。

関連:大本萌景のプロフィールと経歴は?姉の可穂と似ている?自害の原因は

佐々木貴浩社長のプロフィール

画像:(左・佐々木貴浩社長 右・大本萌景(ほのか)さん)

名前 佐々木貴浩(ささき たかひろ)
生年月日 1968年
年齢 50歳
住所 愛知県
血液型 A型
会社名 hプロジェクト
役職 社長
スポンサーリンク

佐々木貴浩社長は他にも飲食店を所有しており実家でも割烹料理店を経営していると言われています。

今回は、飲食店ではなく「hプロダクション」について紹介していきます。

佐々木貴浩社長のhプロダクションとは?

こちらが外観になるのですが、本当にここが会社なのって思われますが、ちゃんとした事務所みたいですね。

hプロダクションの正式名称は「農業生産法人 hプロダクション株式会社」で農業生産法人とは、

農地法と農業協同組合法の一部が改正され認可された法人で、共同化によって生産性の高い農業経営を目指し、実現しようとするもの。

と記載されていました。

その一環で2012年12月にガールズ農園「愛の葉(えのは)」を設立。

この設立と同時にアイドルグループの大本萌景さんが所属していた『愛の葉ガールズ』を結成しています。

所在地:愛媛県松山市中野町甲726−2

hプロダクションはブラック企業なの?

亡くなられた大本萌景さんは、未成年者にも関わらず10時間労働を強いられたり、学業そっちのけでイベントに参加させられていたそうです。

そこで、気になるhプロダクションとの契約内容ですが調べてみたところ賃金についての内容が確認できました。

まず、母親が話していた報酬については平均しても月に約3万5000円程度と言われています。

一部報酬のついて「2軍・1軍・S級」とランク付けをされており、それぞれに報酬の金額に差が設けられています。

2軍 1軍 S級
指名出演料 1,000円 5,000円 7,000円
総合司会 1,500円 3,000円 10,000円
モデル 0円 3,000円 5,000円

そこで、大本萌景さんのランクについてですが、2016年7月に昇格し2018年1月からリーダーとして活躍されていることからして1軍以上のランクにいることは確実です。

そのランクについてですが昇格試験のようなものがあり、会社事務所が農業生産法人ということもあって農業について9項目の知識によって昇格するようです。

2軍 1軍 S級
愛ブランド(野菜)
10品目を農業アイドル
らしく紹介できる。
愛ブランド(野菜)
全農業商品を農業アイドル
らしく紹介できる。
全農業商品を農業アイドル
らしく紹介できる事の他に
旬の野菜%品を美味しそうに
紹介できる。

お金の面に関しては基準がはっきりしているのに対し、その金額が決まるランクについては、すごく曖昧です。

設けてある基準がはっきりしていない分、佐々木貴浩社長の主観が入っている感じも否めません。

その反面、30秒以内に泣ける演技ができるとS級というものもあったと言われており、その点もブラック企業の匂いがしてきますね。

極め付けは、この内容の他に罰金が存在していました。

その罰金システムの詳細がこちらです。

2軍 1軍 S級
陰口を言う 1万円 2万円 3万円
いじめなど 3万円 4万円 5万円
スキャンダル 50万円 50万円以上相当額 相当額

報酬に対して一回の罰金の金額が桁違いで驚きです。

陰口に関しては、いつもボイスレコーダーなどを仕込んでいないと、「言った言わない」となり明確になりませんし、現在のメンバーの中で二十歳以上は一人であとのメンバーは小学生から高校生の学生です。

そんな未成年に対してスキャンダルと言う罰金を設けるのもどうかありますし、金額が2軍でも指名出演料1,000円なのに対して50万円って…。

しかも大本萌景さんの母親が言っていたように月の収入が3万5000円なのに対して罰金が3万円とか5万円でとんでもない額です。

こちらの表にはしていませんが、遅刻でも5,000円の罰金で、イベント欠席で月額稼いだ報酬の50%を罰金として持って行かれます。

スポンサーリンク

労働時間もやばい!

平日のイベントが多く実際に中学生の頃は、朝の7時40分に集合して、出演開始が夕方の5時で帰りが何時だったかわからなかったこともあり、高校生の時には、集合時間が夕方の4時半で帰りが日をまたいで午前2時だったこともあったそうです。

平均的には、11日の平均拘束時間は10時間以上と言われています。

労働基準法の61条では、18歳に満たないものは、午後10時から翌日の午前5時までは労働させることは原則として禁止となっています。

母親の話で午前2時に帰ってきたと言うことから労働基準法61条に違反しています。

しかも、労働時間は週に40時間を超えてはならないので、1日は8時間。

この1日8時間と言うのも守られていません。

この労働基準法に違反していることについて佐々木貴浩社長に伝えたところ、その返答と言うのが、「楽しそうにしていたから気にならなかった」と驚きの返答。

若干16歳の女の子を朝2時まで働かせておいて「楽しそうにしていたから気にならなかった」とは経営者失格ではないでしょうか?

相手は未成年者なので、何時まで働いていいのか?この時間からダメなのかなどの感覚はないと思いますし、自らに意思で時間なんで帰ります。と言うことも出来ません。

なので、労働管理は佐々木貴浩社長がちゃんとしてあげるべきです。

そのことからhプロジェクトがホワイトなのかブラックなのかは明白ですね。

佐々木貴浩社長と大本萌景とのラインと言動のやりとりがヤバい

事務所側のラインパワハラがヤバい

こちらがスタッフやマネージャとのやりとりで、親御さんの判断の結果を教えろと送っているのにも関わらず、母親からラインが来れば、本人からの相談じゃないと聞けないと意味のわからない感じになっていますし、そもそも事務所側からにラインが高圧できてヤバいです。

この高圧的な態度で来られれば若干16歳の少女は言いたいことも言えなくなってしまいますよね。

佐々木貴浩社長の言動と陳述書でのやりとりがヤバい

母親の陳述書の内容で全日制高校の入学をめぐるやりとりがあり、もともと大本萌景さんは通信制の高校に通っていて、学校のシステム上、火曜日と日曜日に学校に通っていたそうです。

2017年4月ごろ、佐々木貴浩社長は土日も活動できる全日制高校に通っては?とお金も心配もしなくていいと言う話をしていたそうです。

佐々木貴浩社長の話を聞き入れ、2017年の年末に通信制の高校を退学し、2018年2月22日と3月1日に入学金や制服などのお金を借りに佐々木貴浩社長の元に大本萌景さんと母親がお金を借りに行き合計9万6000円借りました。

この時点で入学は決まっていたので3月20日に進学費用を借りに母親と事務所に向かったところ、事務所のスタッフからお金は貸せませんと言われてしまい借りる事が出来ませんでした。

その後、社長と大本萌景さんがでんわで話した内容を友人とその母に伝えていました。

その内容というのが

  • 「社長に裏切られた」
  • 「辞めるなら1億円払えと言われた」

と話しています。

社長とのやりとりで大本萌景さんは「次また寝ぼけた事を言い出したらマジでぶん殴る」とも言われていました。

ですが、社長は会見でに釈明は

  • 「一億円の話はしていない」
  • 「高校の進学は諦める話をした」
  • 「翌日のイベントに話をした」

と答えています。

しかも、釈明の後に佐々木貴浩社長は進学用のお金は渡すつもりで用意していたと話しています。

なぜ渡さなかったのかというと、電話でにやりとりの中で学校をきらめると話を聞いた時にお金を渡すからちゃんと考えろと言うと、もういいですと大本萌景さんから言われたから渡さなかったようです。

あくまでも佐々木貴浩社長の話ですが、騙すつもりも貸さないつもりもなかったと言う事。

なんども言いますが、「あくまでも佐々木貴浩社長に話」です。

多くの方が、今更何ってんだ?と思ったでしょう。

大本萌景さんの遺族側からの提訴されたことにより、これからちゃんとした契約の内容や、お金の貸し借りに対する内容も明らかになってくると思いますので、今後の経過は新たにお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

大本萌景のプロフィールと経歴は?姉の可穂と似ている?自害の原因は

スポンサーリンク


-事件
-, , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.