ニュース

新型コロナウイルス 愛知県のどこの病院に?ルートや経過について

2020年1月29日

出典:https://www2.ctv.co.jp/

日本国内で4例目の新型コロナウイルス感染者の報告があり話題になっています。

その感染者は武漢市から日本に来た観光客で愛知県の医療機関を受診し感染が確認され、どこの病院だったのかと話題に。

病院も気になるのですが、この感染者が辿った観光ルートが気になるところです。

ということで今回は、愛知県で確認された新型コロナウイルス感染者が受診した病院とその感染者が辿った観光ルートなどについてまとめてみました。

新型コロナウイルス 感染者数(日本人)や地域のまとめと診療目安を公開

連日報じられている新型コロナウイルスですが、2020年2月17日現在感染者が400人を超えました。 日々この感染者人数が ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染は愛知県のどこの病院に?

1月26日に日本国内で4例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されてました。

その場所というのがタイトルにあるように愛知県でその感染者いったいどこの病院を受診し、入院たのでしょうか?

報道では愛知県内の医療機関と報じられていました。

そこで感染病の指定を受けている病院を探してみたところ、次の病院が該当しました。

  • 名古屋第二赤十字病院
  • 常滑市民病院

この病院について調べてみると、名古屋第二赤十字病院は『第一種感染症指定医療機関』で常滑市民病院は『特定感染症指定医療機関』に指定されている病院です。

このどちらかの病院で間違い無いということでしょう。

ということで、こちらの病院を紹介します

名古屋第二赤十字病院

  • 所在地:愛知県名古屋市昭和区妙見町2番地の9
  • 病床数:812床(一般 810床/第一種感染病床2床

常滑市民病院

  • 所在地: 愛知県常滑市飛香台3丁目3番地3
  • 電話: 0569-35-3170
  • 許可病床数: 267

この2つのどちらかの病院と考え、調べてみたところ常滑市長からこのようなコメントがツイートされていました。

この事からして、武漢から来日した 新型コロナウイルス感染者は名古屋第二赤十字病院に入院していることが濃厚になりました。

他に感染病をみれる病院がないので間違い無いと思われます。

それにしても予防対策などの講じるためにどこの病院に入院しているの公開してもらいたいものですね。

新型コロナウイルス感染者の観光ルートと病状の経過は?

この観光ルートも気になるところです。

厚生労働省は26日に会見を開き『愛知県内の観光をしていない』と発表しています。

愛知県内は観光していないとなると愛知県民は安心してことでしょう。

そこで、再度バスツアーの日程を調べてみると次のような投稿がありました。

このように観光ルートと新型コロナウイルスの症状の経過が記されているのですが、来日した翌日には発熱をしていることになり、その翌日には関節痛まで発症しています。

そのことを鑑みると、愛知県での観光はしていないものの、新型コロナウイルス肺炎を発症している時期と重なる下呂温泉での宿泊と飛騨高山と京都を観光中にウイルスをばら撒いていたのでは無いかと気になります。

しかも厚生労働省は風評被害につながる可能性があるとしてSNSへのデマの書き込みをしないようにとありましたが、しっかり宿泊もしていますし観光もしています。

今のところはこの観光ルートでの日本人感染者は報告されていませんが、今後どうなるのか気がかりですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットの反応は?

やはり、愛知県民からするとどの病院に入院しているのかちゃんとした情報が欲しいみたいですね。

実際、私も免疫抑制剤の服用しているので、新型コロナウイルス肺炎のようなことが起きた場合は同じ気持ちになるのもわかります。

関連記事

武漢の現状の動画がまさに地獄!世界に拡散したのは市長の一言?

連日話題にあがり、世界中に猛威を奮っている新型コロナウイルス。 このウイルスの震源地といえば、今や知らない人はいない『武 ...

続きを見る

新型コロナウイルスの原因はネズミ?予防法や潜伏期間・症状は?

中国で猛威をふるい、日本でも感染者が出て、今やアメリカやフランスにまで広がっている新型コロナウイルス。 この肺炎は新型の ...

続きを見る

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2020 All Rights Reserved.