そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

エンタメ

新西悠太(YouTuber)の投稿が不謹慎過ぎる!嘘投稿は捕まらないの?

投稿日:

新西悠太というYouTuberをご存知でしょうか?

画像の男になるのですが、YouTuberと言えば『好きなことで、生きていく』をコンセプトに動画を配信して、HIKAKINさんやはじめしゃちょうなどが有名ですよね。

そんななか、新西悠太というYouTuberの投稿が虚偽の投稿をされており、不謹慎過ぎると話題になっているのです。

この手の投稿は問題になることはないのでしょうか?

という事で今回は、新悠チャンネルの配信主『新西悠太』についてお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

新西悠太(YouTuber)の投稿が不謹慎過ぎる!

いきなり不謹慎すぎると言われてもどの様な動画を投稿しているのかを知らないとなんとも言いようがありませんよね?

という事で、新西悠太の新悠チャンネルが投稿している内容というのが、時事ネタを独自の発想で投稿しているのですが、そのなかでもひときわ話題になっているのが、虚偽の投稿なのです。

その虚偽の投稿というのが、少し前に話題になったエアガンあおり運転の犯人宮崎文夫被告と同乗者の喜本奈津子についての動画で『宮崎文夫被告は自分の父親で喜本奈津子は母親だ』と言う内容の動画を投稿し、最終的にはエアガンあおり運転について、自分に逮捕状が出たという動画まで投稿しています。

更には、京急線のトラックと列車が衝突した事件に対しては、『トラックを運転していたのは僕のお父さんです』と言った内容の動画を投稿しています。

その中でも個人的に一番ひどいと思う投稿というのが9月18日に起きてしまったさいたま市の小4男児が亡くなった事件で、あろうことかこの新西悠太は殺害した小4男児の義理の父親「進藤悠介容疑者」になりすまし、息子が亡くなったことに対して悔しいですと投稿したり、自首しますと言った内容を投稿しているのです。

先程新たに投稿された動画がまた酷いものでこれは絶対に許せないもので、茨城県境町で起きた小林さん一家事件の犯人と言う投稿まで投稿されています。

では早速、嘘動画を見ていきましょう。

エアガンあおり運転に関する嘘動画

エアガンあおり運転に関する嘘動画①

出典:新悠チャンネル

エアガンあおり運転に関する嘘動画②

出典:新悠チャンネル

エアガンあおり運転に関する嘘動画③

出典:新悠チャンネル

スポンサーリンク

 

京急トラック列車衝突事故

京急トラック列車衝突事故①

出典:新悠チャンネル

京急トラック列車衝突事故②

出典:新悠チャンネル

さいたま市小4男児事件

さいたま市小4男児事件①

出典:新悠チャンネル

さいたま市小4男児事件②

出典:新悠チャンネル

茨城県境町小林光則さん事件

茨城県堺町で小林光則と美和さんを僕がやりました

出典:新悠チャンネル

いくら『好きなことで、生きていく』だからといってもこの男は何かを履き違えており、被害に遭われた方の遺族の感情を無視した内容で、到底許せる行為では有りません。

しかも最後の投稿に関しては、人が亡くなっているのにも関わらず、『僕のパフォーマンスはどうですか?楽しかったでしょ』と少しニヤけながら話しているのです。

何度もいいますが、許せる行為ではありません!

このことについてネットでは次のようなコメントがありました。

人が死んでるのにふざけ過ぎ、コイツ見ると不愉快になる。
お前、悪ふざけにも程があるぞ。マジでいい加減にしやがれ!! こんなバカげた事ばっかりやってるとそのうち泣くハメになるぞ!!

他にもたくさんのコメントが投稿されているのですが、本当にこの新西悠太には何人の父親がいるのでしょうか?

それにしてもこの様な投稿をしている新西悠太には何の問題もないのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

新西悠太の嘘投稿は捕まらないの?

以前にも2019年3月15日、ツイッターに投稿され話題になったナイフのようなもので腹部を刺し倒れ込むといった動画投稿されました。

覚えている方も多いのではないでしょうか?

この場合でも軽犯罪法違反(虚偽の申告)の疑いで書類送検されています。

更に、石橋和歩被告のあおり運転の際、父親と名指しされた建設会社佐帳の記事を書いた事により、11人を書類送検し、うち8人に関しては計880万円の侵害賠償を求められた事例もあります。

その点を鑑みると、投稿した内容の関係者(遺族や家族)が訴えるようなことがあれば、逮捕までは行かないにしろ、書類送検はされる可能性はありますし、損害賠償請求もされる可能性がります。

ちなみにYouTubeの規約を確認すると、

  • 不快なコンテンツ
  • 誤解を招くメタデータ
  • 詐欺
  • なりすまし
  • プライバシー

に該当するのでは無いかと思われます。

ですが、現在は新西悠太のチャンネルは通常に稼働しているのでそこまで厳しくないのかも知れませんんが、動画投稿のコメント欄はまさに炎上している状態で、厳しい厳しくないという問題でもないように思えず、個人的には完全アウトのように思えます。

もしかしたら、実際のところYouTube側からペナルティを受けていながらもこの様な投稿をしており、BAN覚悟の投稿かも知れません。

いずれにしても、YouTubeBANよりも思い刑に処される可能性が高いのかも知れませんね?

今後、新西悠太のチャンネルがどうなるのかが気になるところですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


-エンタメ
-, , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.