原晋監督の年収や経歴が気になる!嫁との間に子供がいないのは何故? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

スポーツ 男性選手

原晋監督の年収や経歴が気になる!嫁との間に子供がいないのは何故?

更新日:

原晋監督といえば、青山学院大学陸上部の監督で、箱根駅伝で往路は逃したものの、見事4連覇を成し遂げた名将です。

そんな名将原晋監督に年収がすごいと話題になっています!

それもそのはず、テレビなどのメディアの出演も多くなっていますし、講演の回数も多いと聞きます!

箱根4連覇修士論文で最優秀賞を受賞すると、その講演料も・・・!?

そうなるとすごいと話題の年収ですよね(笑)

すごいといえば、原晋監督の経歴も・・・。

どうやら伝説とまで言われているとかいないとか!?

そんな気になる原晋監督のついて紹介していきます!

スポンサーリンク

原晋監督のプロフィール

本名 原 晋(はら すすむ)
生年月日 1967年3月8日
年齢 51歳(2018年4月現在)
出身地 広島県
高校 広島県立世羅高校
大学 中京大学
職業 青山学院大学体育会陸上競技部監督

原晋監督の経歴

原晋監督が陸上を始めたのは中学時。

広島県立世羅高校では、主将として全国高校駅伝で準優勝をしています。

高校を卒業後、中京大学に進学し、3年生の時に日本インカレ5000mで3位入賞を成し遂げています。

中京大学を卒業後は、中国電力入社し、陸上競技部1期生として活躍をしていましたが、怪我を負ってしまい満足な結果を残せず、5年で選手生活を終え、中国電力の陸上部から営業部に移動

営業部に異動してからは、凄まじい実績を上げて「伝説の営業マン」と言われていて、社内ではとても有名人だったようです。

若くてほっそりしていて、今の原晋監督の雰囲気とは全く違いますね(笑)

このまま順調に中国電力で営業職を務め抜くかと思いきや、「チーム育成10年計画」というプレゼンを買われ、2004年から現職の青山学院大学体育会陸上競技部監督に!

その後はご存知の通り、2009年に33年ぶりの箱根駅伝出場。

2012年に出雲駅伝優勝。

2015年の正月に行われた箱根駅伝で青山学院大学を初優勝に導きその後は、2016年2017年2018年と優勝をし、今現在4連覇を達成しています。

スポンサーリンク

原晋監督の年収がすごいっていくらなの?

原晋監督の収入源といえば、やはり講演料でしょうね!?

しかも、原晋監督の講演を取り仕切っている「スピーカーズ」という講演会講師派遣サイトでの人気講師ランキングで、2018年3月版で

  • 2位:「橋下徹 氏」
  • 3位:「林真理子 氏」
  • 4位:「清原伸彦 氏」
  • 5位:「東国原英夫 氏」

とそうそうたるメンバーを抑えて1位に輝くほど!

箱根駅伝も終わっても尚、人気が続いていると言う事なんでしょうね!?

出典元:https://www.speakers.jp/

そこで気になる講演料なのですが、このランキングは人気って事は講演を頼まれる回数が多いっと事であって、決して高額な講演料のランキングではないって事ではありません!

逆に、リーズナブルな価格だから講演数が多いのではないかと思われます。

そうなると、言い方はちょっと違いますが、薄利多売って感じなんでしょうね(笑)

ちなみに一般的な講演料の平均はだいたい5万円から10万円と言われています。

著名人だと20万円から30万円ぐらい、有名人やタレントクラスになると、200万円以上になることもあると言われています。

そこで、原晋監督の講演料なのですが、講演会場の規模などによって金額は変動するらしいので、50万円から200万円の間ぐらいと推測できます。

有名人クラスでの価格ではリーズナブルなのでしょうね。

しかも、サラリーマン時代の戦略やスキル、監督時代の生徒をその気にさせるテクニックなどなど、社会人としては、お金を払ってまでも聞きたい内容が盛りだくさん!

そのほかの収入源としては、書物の印税、あとはテレビや雑誌などの出演料になります。

そこで、全ての収入を合わせると、

  • 年収2500万円ぐらい

と言われています!!

本当にすごい年収ですね。

原晋監督と嫁の間には子供がいないのは何故?

嫁との間には子供がいないと書くとなんだか、他の人との間には子供がいるような感じに取られがちですが、そんな事はありませんよ(笑)

この、子供がいないことについてはネット上でも話題になっています。

そこで、上がっている情報では、原晋監督の嫁さんの方が、子供の出来づらい体質と言われているようですね。

現在の原晋監督の嫁さんの年齢は、同級生なので51歳です。

そこで、一番有力な説としては子作りをする時期にマイホームを建てお互いが仕事で忙しくなり、34歳の時に青山学院大学体育会陸上競技部監督になったため、より一層忙しくなり嫁さんは寮母になり、子作りどころか、40名の大学生の母親がわりに!

今も現在、生徒の肝っ玉母ちゃんをしているので、子供を作るタイミングを逃したのではないと思われます。

子供(赤ちゃん)は授かりものと言いますので、そうなる時にはそうなるのかもしれませんね?

最後に

今回は、原晋監督について紹介しましたが、本当にびっくりするほどの年収で、おそらくですが、大学陸上監督の中では一番といっていいほどの収入なのではないかと思われます。

収入もそうなのですが、青山学院大学の連覇をどんどん伸ばしていって欲しいです!

ウワサでは、政界進出って話もあるらしいのですが今後どうなるかが気になりますね(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-スポーツ, 男性選手
-, , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.