風吹ジュン 若い頃のホステス時代が鬼可愛いが激動人生がやばい! - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

エンタメ 風吹ジュン 若い頃

風吹ジュン 若い頃のホステス時代が鬼可愛いが激動人生がやばい!

投稿日:

スポンサーリンク

風吹ジュンさんと言えば、女優さんで朝ドラなどに出演し、以前にはレコードまで出していた方ですが、若い頃にはホステスとして働かれていましたが、実は波乱万丈の激動人生だったとか!

そんな人生を送っていても、若い頃のホステス時代から鬼かわいいと言われていた様でその可愛い姿が話題になる程。

ということで今回は、風吹ジュンさんの若い頃のホステス時代の画像と激動の人生についてお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

風吹ジュンのプロフィール

本名 川添 麗子(かわぞえ れいこ)
生年月日 1952年5月12日
年齢 66歳(2018年12月現在)
出生地 富山県富山市八尾町
身長 157 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 1973年 -

激動人生とは?

風吹ジュンさんの激動人生は小学5年生の頃の出来事で、両親が離婚します。

その後は母親に育てられたのですが、風吹ジュンさんが中学2年生になると、母親がなんと育児放棄!

3つ年上の兄が住む京都に移り住み、アルバイトや内職をする日々に。

当時の生活を振り返って風吹ジュンさんはとても苦しい激動の人生だったと語っています。

そんな中でも、高校受験前には高校の担任の自宅に住まわせてもらい見事、高校受験の1次試験に合格しています。

そのまま順調に2次試験も合格するはずだったのですが、試験当日に母親の再婚話が舞い込んできて、試験を放棄し高校進学を断念し、住み込みで働きに出たという激動の人生を歩んでおられます。

風吹ジュン 若い頃のホステス時代が鬼かわいい!

レストランの住み込みバイトをしていたのちに、18歳を迎え東京に上京し、銀座でホステスとして働き始めています。

1971年にあまりにも可愛すぎてクラブで働いている時にスカウトを受けます。

その2年後の1973年に初代ユニチカマスコットガールに選ばれデビューを果たします。

その当時の画像がこちらです。

とても可愛い風吹ジュンさんですが、その翌年には歌手としてデビューを果たし、あいが始まる時をリリースします。

このレコードデビューを果たした4ヶ月後の出来事で、誘拐され、激動の人生が再開してしまうのです。

40年も前の話なので知っている方もあまり多く無いと思いますが、1974年9月12日の夜にテレビ番組の収録を終えてテレビ局から帰ろうと出た瞬間に、複数の男性に囲まれ車で連れ去れてしまうという事件が起きてしまいました。

その誘拐の原因というのが、以前所属していた事務所との契約上のトラブルで移籍したことによるもので、連れ去れてた場所というのが高輪プリンスホテルで、部屋で待ち構えていたのが反社会勢力の人たち。

その集団に移籍契約は無効であることを告げられ、仕方なしにその移籍契約に関して口約束という形で了承をしました。

その後は解放され前事務所社長とエレベータを降りたところで、待ち構えていた警察に取り押さえられこの誘拐事件は一件落着という運びになったのですが、当時ギャラに不満があったと言われており、ギャラが良い事務所の方に移籍したとして猛バッシングを受けます。

しかも、三重契約をしていた事実も明るみなって人気がガタ落ち。

さらに、デビュー当時に公表していたプロフィールに詐称が発覚、おまけに男性位遍歴まで暴露されてしまい、最終的には同棲をしていた男性までもが名乗り出てしまい、清純派でデビューした風吹ジュンさんにとっては大打撃。

みるみるうちにファンは一気にいなくなりました。

ですが、風吹ジュンさんは一連の話題について一切否定はせず「これが私の生き方です。その時その時を純粋に生きてきた」と弁明は一切なく清純派のイメージとは全く違うイメージの打って出たのです。

その甲斐があってかは不明ですが、翌年にはドラマ出演の話が来て寺内貫太郎一家2」に出演し、このドラマをきっかけに数本のレギュラー番組をゲットするほどに!

そのほかにもテレビ番組をすっぽかして失踪したりして色々と本当に激動の人生そのものだった様ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このままではあまり、風吹ジュンさんの可愛さが伝わっていない様なので最後にかわいい風吹ジュンさんの画像をご覧ください。

どうですか!

めちゃくちゃ可愛いく、今も変わらず可愛い女性でとても魅力的ですよね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-エンタメ, 風吹ジュン 若い頃
-, , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 AllRights Reserved.