エンタメ

木下医師の浮気相手とのラインとパワハラ音声がヤバイ!夫婦の裏の顔

ジャガー横田さんの夫で医師の木下博勝さんですが、恐妻家で弱気なキャラで親しみがあった方なのですが、その裏の顔が注目を浴びています。

なぜなら、頭が上がらないフリをしつつ沖縄では愛人と浮気三昧。

そして、自身が院長を務めいた病院ではパワハラ疑惑が浮上。

どちらともラインや音声の内容まで報じられており話題になっています。

しかも嫁のジャガー横田さんまで夫の木下医師(木下博勝さん)の影響を受けてか驚きの行動を起こしていると言います。

という事で今回は、木下医師(木下博勝さん)の浮気やパワハラについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

木下医師の浮気相手とのラインがヤバイ!

木下医師の浮気に関してですが、遡ること約5年前のことになるのですが、浮気というのそんな軽い感じのものではなく、愛人契約を結んでいたというのです。

気になる浮気相手なのですが、フライデーでは仮名でエリさんと紹介されており、画像に関しては目を隠しているものの存在します。

その画像がこちらです。

浮気相手のエリさんは、沖縄県那覇市に住んでいるシングルマザー。

この二人が出会ったのが木下医師がバラエティ番組などに引っ張りだこのタレントだった時に沖縄にある『ABCクリニック』院長をし、沖縄で冠ラジオ番組『木下教授の夜の診察室』などをこなしており、沖縄出張を頻繁に繰り返している2013年9月ごろ。

エリさんが務める飲食店に木下医師が来店し、出張で沖縄に来るたび二人でよく飲みに行く様になり大人な関係になったと言います。

ですが、この頃といえばジャガー横田さんが第二子を目指して不妊治療を始めようとしていた時期でしたが、木下医師はエリさんと逢瀬を重ねていたのです。

全くテレビで見せる顔と裏の顔は別物!

しかも一番驚きなのはジャガー横田さんが不妊治療を行っている最中に浮気相手のエリさんに、

  • 『僕の子供を産んで欲しい』
  • 『医者にさせるのが条件』
  • 『学費は全部出す』
  • 『自分が死んだ時には僕の子供という文書を残す』

と11月から『ABCクリニック名義』で愛人契約料の20万円を振り込み始めたのです。

その時の画像がこちらです。

しかもその後のやりとりでラインを使用しており、浮気(愛人)相手なのでイチャイチャした内容はもちろんなのですが、本気で愛人に子供を産ませようとしていた内容もありとてもヤバイ内容になっていました。

イチャイチャした内容のライン

ワガママいい放題の木下医師

大人の時間というのは、エリさんには娘さんがいるので、娘さん抜きで会えないかという事なのですが、このラインのやりとりをしたのが、12月でエリさんの娘は冬休みに入っているため会えないと言っているのですが、神様などを持ち出してワガママいい放題。

甘えた感じで始まっていたのにもエリさんが会わないと言うといきなり威圧的になったり。

このことに関しては、フライデーの取材にも木下医師が豹変することは語られていました。

嫁が不妊治療中に愛人の排卵日を狙っていた?

木下医師は誰もが知っているジャガー横田さんの夫で、顔は知っているのにも関わらず、この内容から察するに浮気相手のエリさんも避妊をしていないことを了承した上での行為を重ねていたと思われます。

そうなってくるとどっちもどっちで同罪でしょう。

ですが、ここまで証拠が揃っておきながら、木下医師は、

  • 『誰ですかねぇ?』
  • 『会ったことあるかなぁ…?』

とシラを切り通していました。

ですが別日に突然と電話で焦って…。

冷静になって見ると思い出す事ができましたとシングルマザーと言う事でABCクリニックで働ける様に口利きしたのでその20万円と言い訳。

ラインの内容について質問をすると…。

  • 『全く記憶にない』
  • 『ラインとかメールに関してはすぐに履歴を消すのが自分のやり方』

とこれもまた言い訳をしていました。

ですが、浮気相手のエリさんが内容を残しているので言い逃れはできないのですが、ジャガー横田さんは夫を信じますと健気な部分を見せていました。

スポンサーリンク

木下医師のパワハラ音声がヤバイ!

まずは、週刊文春から報じられた内容をご覧ください。

この音声を聞いて頂いた通り、この告発者は木下医師と一緒に働いた2年間、激しく怒鳴られ時には暴力を振るわれ『毎日ビクビクしながら仕事をしていた』として体に異常をきたし、木下医師(木下博勝さん)に慰謝料300万円の損害賠償請求を弁護士を通じて通告しました

その通告書が以下の通りです。

 

この通告書の内容に該当する暴言・暴力の内容をまとめると次の通りになります。

  • 気に入らないと怒鳴り散らす
  • バカなどの暴言
  • 第三者の前での人格否定
  • 往診中、車の中で助手席を蹴る
  • 頭を小突いたり、蹴流などの暴力

しかも、文春で報じられたパワハラ音声には車のドアの開閉音の大きさに腹を立て『鼓膜が破れたらお前金払えんのか!』相手方の給料の低さをバカにつつ、『こいつは軽く注意しても分からない人間だから。』『とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから』第三者の前で人格否定をしています。

この様に告発に踏み込んだ方はパワハラ音声まで録音をしているのでよほど辛い毎日を送られていたに違いありません。

このパワハラ音声に関して木下医師は十中八九、『指導の一環』『注意をしただけ』などと言い訳をするのでしょうが、失敗に対しての発言ならまだしも『給料面で威圧的な発言』スタッフ意外にも患者の前での『人格否定』は指導でも注意でもありません。

ましてや暴力なんてもってのほかです。

色々と恐妻家の尻に敷かれた弱気キャラの仮面は崩壊し茶の間にパワハラ医師のイメージを植え付けられ今後の医者としての活動は良いとしてタレントとしての活動に関してはずいぶん少なくなるのではないでしょうか?

木下・ジャガー夫婦の裏の顔

木下医師の裏の顔はフライデーや週刊文春で色々と暴かれてしまったのですが、実は恐妻家で知られているジャガー横田さんにも裏の顔が存在していたのです。

こちらの画像はご存知の方も多いと思いますが、木下医師が院長を務めていた病院のクリアファイルで、表に木下医師、裏に嫁のジャガー横田さんがイメージキャラ?として掲載されています。

このクリアファイルやパンフレットなどについては、広告塔としての契約を結んでいるので業務に含まれており、いわば仕事の一環です。

なので、この撮影に関しては進んで行わなければならなですし金銭面では契約の範疇なのですが、木下医師は給料とは別に足代を嫁のジャガー横田さんの分合わせて20万円を要求していたのです。

一人10万円の計算なのですが、執拗に要求してきたので病院側は経費として支払いを行ったそうです。

ですが後日、ジャガー横田さんから電話があり、あのジャガー横田さんの口調で『スタイリストの分が入ってねーじゃねーか!恥を書かせんじゃね』スタイリストの足代まで要求してきたのです。

自分の夫がその病院の院長だと言うことをいい事に、撮影や食事会ごとに足代を要求する様になりました。

行印側ももちろん支払う義務はないので断る事ができるのですが、断ってしまったら木下医師からのスタッフへの風当たりが強くなりそのことを鑑みると支払うのが得策と思い支払い続けていたそうです。

さらには、ジャガー横田さんの本業であるプロレスの興行があると木下医師から『チケットを買うのは当たり前だよね!』と30枚ほど毎回買取をする様に要求されていました。

他にはジャガー横田さんの誕生祭に招待され、珍しく無料だったらしいのですが、ご祝儀として15万円を要求。

芸能界なら当たり前だと言われていたそうです。

しかもすごいのは、会食の時にLOUIS VUITTONのiPhoneXのスマホケースをもらったのですが、肝心のiPhoneXを持っていなかった様なのです。

その場の雰囲気を察して『誰かがジャガーさんにiPhoneXをあげなきゃね』と冗談で返したらジャガー横田さんは間に受けて『iPhoneXもらえるのを待っている』と声をかけられ止む無くiPhoneXをプレゼントしたといいます。

夫婦で病院からタカリ続け、しまいには病院の事務長にビンタをしたりとやりたい放題をしていたそうです。

もしかしたら、プロレスのノリでビンタといった行動に出たのでしょうが、一般人からしたらただの暴力でしかありませんよね。

このことからして、この夫婦の裏の顔は金に執着している様に思えます。

お金は大事ですが、そんなやり方は間違いじゃないかと…。

木下医師やジャガー横田さんの今後が気になるところですね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\この記事はどうでしたか?/


 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , , , , , ,

© 2020 そらてん日記