エンタメ

三木谷浩史がガーシー発言にツイッターで反論!墓穴を掘ったと話題に

スポンサーリンク

 

ガーシーこと東谷義和さんがイニシャル『M社長』と名指しをせずに暴露!

 

世間的にもM社長って誰なのか?と話題になっていました。

 

すると楽天の三木谷浩史社長が自身のTwitterアカウントで反論し、ガーシーが暴露した『M社長』は僕ですよ!と自ら明かすことに!

 

そこでなんとガーシーは追い打ち暴露をし、三木谷浩史社長が墓穴を掘った形になって話題になっています。

この記事でお伝えすること

  • ガーシーがイニシャルで発言した暴露とは
  • ガーシー発言に三木谷浩史がTwitterで反論した内容
  • 三木谷浩史はなぜ墓穴を掘ったのか?

についてお届けしますので、よかったら最後までご覧ください

 

ガーシーがイニシャルで発言した暴露とは

ガーシーのインスタライブが行われたのが6月26日。

 

その時に三木谷浩史社長と名指しはせず、あえて『M社長』とイニシャルで話していたのですが、その時のM社長がしたとされる暴露内容というのが…。

  • 『M社長がウクライナの女性を集めて乱◯パーティーをしていた』
  • 『いろんな大企業の社長がいた』
  • 『ガーシーに見つかったら大変なことになるね』

というものでした。

 

実際、見つかっている(バレてる)のでガーシーはインスタライブで話しているのですが、この時点ではこの『M社長』や『大企業の社長』連中が誰なのかなどの人物特定までは言及していませんでした。

 

しかもこの話題に触れたのが約45分にインタライブの中でわずか1分程度。

 

ガーシーはその時に選挙が終わったらこれも話しますと言っていましたが、実際本当にこの話題に触れるのか今までの流れからして扱わない可能性もあったのではないかと思われます。

 

それになのにも関わらず、M社長が僕だ!と言わんばかりに三木谷浩史社長が自らのツイッターで反論をしてきたのです。

スポンサーリンク

 

ガーシー発言に三木谷浩史がTwitterで反論した内容とは

言葉でお伝えする前に三木谷浩史社長本人のツイートをご覧ください。

このツイートで先ほどもお伝えした通り、ガーシーが暴露したM社長は自分ですと自ら暴露した形にはなったのですが、三木谷浩史社長さん的には、その瞬間であってもウクライナの人たちに苦しい思いを和らげるというか忘れることができればという思いでやられていたとのこと。

 

このツイートのように暴露されている乱◯パーティーのようなことは否定していますし、以前にもウクライナに多額の金額を寄付していたりと結果いい人で終わっていたのかと思ったのですが、これらのツイートがきっかけで墓穴を掘ることに…。

 

三木谷浩史はなぜ墓穴を掘ったのか?

三木谷浩史社長の墓穴は、まずこの反論にドバイに逃げて何偉そうなこと言ってるの』という反論ツイートをしていたことでしょう。

 

このツイートを見た一般の人たちは、いくら頭にきたからと言って本当に一流企業『楽天』の代表者がする発言なの?と疑問を覚えたはずです。

 

さらに、一連の反論ツイートをした事により、ガーシーがYouTubeで生配信をしたことで…。

  • 『ウクライナのモデルだけを読んでパーティーをしていたこと』
  • 『ゴルフコンペの後に開催地だった群馬県で行っていたこと』
  • 『自分の別荘で行っていたこと』
  • 『若い女の子好き』
  • 『新人女優などを並べて品評会をしている』
  • 『愛人になった女性にはCM起用』
  • 『ガールズアワードに三木谷部屋という新人を呼ぶ部屋がある』

と追い暴露されてしまいました。

 

男性はいないというのは百歩譲って女性しかいないとしても、その女性がモデルだけというのも変な話ですし、一流企業の代表が地方でおこなったコンペの後にわざわざ開催地である群馬県でしたのかということです。

 

しかも自分の別荘で…。

 

あたかもその他の社長や自分のためにとコンパニオン扱いでウクライナ人を読んだのかと思われても仕方がありませんよね。

 

しかも未成年のモデルもいたと暴露されています。

スポンサーリンク

 

本当に三木谷浩史社長がツイートしたような苦しんだ心を癒すためのパーティーだとしたら在日ウクライナ大使館を通して、然るべき場所で大々的に開催するべきだったと思います。

 

さらに女性の品評会や愛人にCM起用など本当に楽天のトップのすることなのかと感情に任せたかのような反論で大墓穴を掘った形になっています

 

このような結果になって、これからますますガーシー砲が放たれると思いますが、三木谷浩史社長そして、楽天の株価などに影響がないことを祈るばかりですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , , ,

© 2022 そらてん日記