エンタメ

岡田将生と鈴木唯の馴れ初めは?干されたと言われる理由は?

岡田将生さんとアナウンサーの鈴木唯さんの熱愛が話題になっています。

 

俳優とアナウンサーという事もあり、二人の馴れ初めが気になる方が多いようです!

 

そんな熱愛報道があった岡田将生さんに何と干されたという疑惑が浮上しているのです。

 

一体どういった事なのでしょうか…?

この記事でわかる事

  • 岡田将生と鈴木唯の馴れ初めは?
  • 岡田将生が干されたと言われる理由は?

について紹介していきますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

岡田将生と鈴木唯の馴れ初めは?

岡田将生と鈴木唯の馴れ初め

二人の馴れ初めですが、最初に出会ったのが2020年の夏頃で共通の知人からの紹介です。

 

この時では、交際に発展したというわけでありません。

この時点ではただの友人、もしくは顔見知り程度…。

 

その後、2020年12月に岡田将生さん出演の映画『三角窓の外側は夜』の完成試写会後にインタビューをしたのが久々再開する鈴木唯さんだったのです。

 共通の友人からの紹介で少し期間が空き再び再会するというある意味ドラマティックな出会いが二人を急展開させたのでしょう。

 

もしかしたら、知人の紹介の時点からお互いに気になっていたのかもしれませんね?

 

この熱愛後の普通にめざましテレビでインタビューをするなど普通に共演しているので、お互い公認という事なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

岡田将生と鈴木唯の熱愛報道

二人の熱愛が報じられたのが2021年6月、フライデーから『巣篭もり愛』の見出しが!

 

イケメン俳優の岡田将生さんと次期フジ女子アナのエースと言われている鈴木唯さんの熱愛が報じられツーショット写真まで世に出ることになりました。

 

巣篭もり愛というだけあって岡田将生さんの自宅マンションでのデート。

 

ですが、自宅で過ごすための買い出しは二人で車に乗って買い物をしていたようですね。

 

その時に車に乗り込む鈴木唯さんの画像がこちらです。

フライデーでは車に乗っており、密かに交際を続けていたように感じるのですが、それから約一年後の2022年5月に再度ツーショットを報じられたのですが、その時の様子があまりにもオープンすぎると話題に!

 

その熱愛ツーショットがこちら

こちらは小田急線で激写されたものなのですが、もやは隠す必要がないほどオープンな二人?

スポンサーリンク

 

この熱愛について岡田将生さんの事務所は『プライベートは個人に任せています』と否定をせず、鈴木唯さんが務めるフジテレビも熱愛公認という異例の対応。

 

フジテレビというか女子アナウンサーは、恋愛禁止というわけではないのですが、そこまで公にする事はないのですが、ここまで大胆に電車内でイチャついてるのも珍しいと思われます。

 

熱愛後の普通に共演していますし、小田急線でのオープンなところを見ると結婚間近なのではないかと思われます。

 

近いうちに明るい報告が聞けるかもしれませんね?

岡田将生が干されたと言われる理由は?

2022年10月ドラマで主演で出演している岡田将生さん。

 

なぜ芸能界から干されていると言われているのでしょうか?

 

実際、岡田将生さんをネット検索すると『干された』という関連キーワードが浮上してきます。

 

このようなことを言われているという事は何らかの理由があるのでしょう。

 

そう思い調べてみると明らかな理由は見つかりませんでしたが、おそらく出演本数が少なくなっていたことが原因ではないかと思われます。

 

映画に関して、2021年は4本の映画に出演していたのにも関わらず2022年の映画出演予定は1本もありません。

 

ドラマに関しても、2021年の出演本数は3本あるのですが、2022年は10月に出演する『ザ・トラベルナース』の1本のみ。

 

おそらくも鈴木唯さんとの熱愛の後での2022年のメディアの露出が極端に減ったことが『干された』と言われる理由ではないかと思われます。

 

では、なぜここまで露出が減ったのかと言うことなのですが、岡田将生さん自身が2022年は『ゆっくりしたい』公言をしており、有言実行をしただけのことだと思われます。

スポンサーリンク

 

ですが、2022年のゆっくりと言う言葉の裏には『鈴木唯さんとのプライベートを重視したい』と言う思いもあったのかもしれませんね?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , , ,

© 2022 そらてん日記