エンタメ

柴咲コウは北海道のどこに移住した?農家の敵となぜ言われているの?

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

柴咲コウさんが北海道に移住したとして話題になっています。

 

そこで気になるのが『移住先』

 

さらに、ネット上では『農家の敵』と言われており、大炎上をしたとされています。

この記事でお伝えすること

  • 柴咲コウさんはなぜ移住したのか?
  • 柴咲コウさんは北海道のどこに移住した?
  • 柴咲コウさんが農家の敵となぜ言われてるの?

についてお届けしていきますので良かったら最後までご覧になってください!

 

柴咲コウは北海道のどこに移住した?

柴咲コウさんといえば、視聴率30%越えの『GOOD LUCK‼︎』や社会現象にもなった『ガリレオ』

 

そして、大河ドラマの『おんな城主直虎』など様々なドラマに出演されている今や、トップ女優の仲間入りを果たしています。

 

そんな柴咲コウさんが北海道に移住したとして話題に…。

 

そこで、気になる点をまとめて調べてみました。

 

なぜ柴咲コウは北海道に移住したのか?

柴咲コウさんが人気が低下してドラマに起用される事が無くなったという訳でもありません。

 

実際、映画で2021年10月15日公開された『燃えよ剣』や2022年公開予定の『沈黙のパレード』に出演されています。

スポンサーリンク

 

では、なぜ北海道に移住したのかと疑問に思いませんか?

 

そこで色々と調べてみると出身地は東京なのですが、柴咲コウさんの両親の故郷が『北海道』で、母親は柴咲コウさんが19歳の時に亡くなられているのですが、その後は父親と二人暮らし。

 

年頃の女性と父親となると何かと煙たく思うこともあるのが普通だと思いますが柴咲コウさんと父親はとても仲が良く、一緒に映画館に行ったり、お酒を飲んだりととても仲が良かった様です。

 

そんな父親も、歳を重ねて東京の暑さに参っていた様で故郷の北海道にほとんど生活をしています。

 

そこで、父親が北海道に家があればいいなと考えていた様で、その気持ちに応えるために北海道に家を建て再び、父親と一緒に暮らすことに決めたのが北海道移住の理由だったのです。

 

今まで、父親と東京で一緒に暮らしてきて北海道に移住して二人で暮らすということについては柴咲コウさんにとって苦でもなく、ただただ当たり前のことだったのでしょうね。

 

北海道の移住先ってどこ?

そんな父親思いの柴咲コウさんなのですが、北海道といっても日本で一番総面積が広い場所く、人口密度も一番低い都道府県です。

 

そんな北海道のどこを移住先として決めたのでしょうか?

 

そこで、父親の出身地の旭川ということもあり、旭川の可能性があるのですが調べを進めていくと、とあるキーワードを見つけました…。

移住先のヒント

  • 冬にはマイナス20度になる事もある
  • 雪が1メートルぐらいも積もる
  • 寒さと雪の悪環境で逃げ出す住民の多い
  • 米農家が多い(「ゆめぴかり」や「ななつぼし」などを生産)

このキーワードを見てなぜこんなところを移住先に決めたのか不明ですが、早速探してみました。

 

調査した結果、北海道ではマイナス20度になる地域は結構多く絞り込みが難しい…。

そこで積雪について調べてみると、

  1.  幌加内町(190cm)
  2. 倶知安町(187cm)
  3. 音威子府村(184cm)
  4. 赤井川村(157cm)
  5. 茂別町(142cm)

このランキングであれば『1メートルぐらい』というキーワードに当てはまるのかと言えばそうではありませんよね。

 

さらに次の『逃げ出す』というキーワードですが、北海道でマイナス20度になる地域や雪が1メートル積もる場所が多くて特定には至りませんでした。

 

最後に『ゆめぴりか』や『ななつぼし』を生産している米農家が多いという点で調べてみると、ふるさと納税の返礼品で扱っているのが『東川町』

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】令和3年新米【特A】ブランド米東川米「ななつぼし」10kg×3ヵ月
価格:30000円(税込、送料無料) (2021/10/20時点)

楽天で購入

 

 

しかも、この東川町は父親の出身地である旭川市から『約25分』旭川空港が『約15分』と東京などでの仕事のことを考えても立地条件も第二の拠点として問題なしと言える場所だと思われます。

このマップを見ても東川町は自然豊かで柴咲コウさん一家にとってとても良い移住先となっているのでしょうね!

スポンサーリンク

 

農家の敵となぜ言われているの?

この『農家の敵』という言葉を聞いた時、柴咲コウさんが北海道に移住したことで、柴咲コウさんが本格的に農家を始めて柴咲ブランドが売れることによる他の農家さんの収益が減ることで農家の敵と言われているのかと思っていました。

 

ですが、調べてみると『種苗法改正案』に反対したことが原因の様です。

 

この種苗法改正案とは?

最近の話題になった『韓国のイチゴなどがもともと日本から流出したブランド品種を元に開発・生産され売り出された』ことが有名ですよね。

 

この様に日本のブランド品種の種苗を海外流出を未然に防ぐためと、品種を育成した育成者のを守るための法律です。

 

簡単にいえば、農家の著作権と言ったところでしょう。

 

そのため、この品種の種苗を使い時には育成者の許可を受けて使用料(ロイヤリティ)をを支払うことになります。

 

なぜ柴咲コウが農家の敵?

先ほど説明した種苗法改正案は海外流出を防ぐと同時に許可をした相手のみ使用が許されロイヤリティーが発生するといった仕組みで、必要な法律ということは農業をしていない人でも理解できると思います。

 

ですが、柴咲コウさんはこの種苗法改正案に対してTwitterでこの様な内容を投稿をしていました

出典:Twitter

この内容を見ると、種苗法の改正がおこなれることに危惧している様な内容です。

 

種苗が守られず韓国などで勝手に栽培されて安価で日本で売られると、同じ美味しいものであれば安い方に購買意欲が流れ、育成者からすれば守られるべきの法案に対して柴咲コウさんが反対をしている様に取られても仕方がありません。

 

その結果、柴咲コウさんが『農家の敵』と言われる様に…。

スポンサーリンク

 

ですが、この投稿の本意はというと、感染症で世の中が混乱している中政府が重要な法律である種苗法のことを知っている人たちが少ない』ことに危惧してており、多くの人がこの種苗法のことを知った上できちんと議論されるべきと感じて投稿した様ですね。

 

しかも、柴咲コウさんは農家ノイエで育った訳ではなく東京出身という事もあり農家のことを知らないくせにと反感を買った部分もあったのかもしれませんね。

 

ですが、2016年に立ち上げた『レトロワグラース株式会社』が『衣・食・住』をテーマに掲げているため、この種苗法に対して多くの方の知ってもしかったのでしょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , , ,

© 2021 そらてん日記