政治 秋元司の事務所

秋元司 事務所の場所は江東区のどこ?中国企業の500ドットコムとは?

12月25日世間はクリスマス一色のこの日に否定し続けていた秋元司衆議院議員が東京地検特捜部により逮捕されてました。

もちろん容疑は、カジノを含むIR事業(統合型リゾート施設)がらみの収賄です。

そこで話題になっているのが家宅捜索などを受けた秋元司衆議院議員の事務所の場所と参入を目指していた中国企業です。

と言うことで今回は、逮捕された秋元衆議院議員の事務所の場所と、参入を目指していた中国企業についてお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

秋元司の事務所は江東区のどこ?

こちらの画像は秋元司衆議院議員のホームページのトップ画像です。

この事により江東区を基盤にしていることがわかるのですがいったい江東区のどこに事務所があってそこまで話題になっているのでしょうか?

それはニュースで報じられたのもあるのですが、一番は秋元衆議院議員本人のツイッターの投稿でしょう。

この投稿にある様に事務所に家宅捜査が入りしかも全く関与していないと投稿しています。

しかも取材をうけた際も『何度も申し上げてますけど、不正には一切関与していません』と言い続けていましたが今となっては疑問しか残りません。

そんな家宅捜査が入った事務所というのが調べによると特定できました。

その場所というのが東京都江東区東陽でグーグルマップによるとこちらになります。

この場所の真向かいには江東区役所があり人通りもかなり多いところにあり、家宅捜査の時はかなり注目されたのではないでしょうか?

しかもこの事務所にいた元秘書も関わっており、この秘書にも注目されていました

秋元司 元秘書の名前は?

まずはなぜ元秘書の名前が話題になっているのかと言うと…。

元秘書に芸能関係の会社を作り、その芸能関係の会社の顧問を秋元司衆議院議員とその妻も監査役だったためで、関係先として秋元司衆議院議員の事務所など家宅捜索をされた際、元秘書の二人も受けていたと言う事で話題になっていると言う事です。

その二人の元秘書というのが『私設秘書』『政策秘書』

その様な重要人物の元秘書も家宅捜索を受けていたので、余計に「元秘書の名前って何?誰なの?」と話題になっているのです。

ですが、元秘書というだけで公人では無いため名前などの公開はされていませんでした。

今回、秋元司衆議院議員が逮捕された事により、公開がされる可能性があるのではないかと思われます。

その際は、私設秘書と政策秘書の名前についてお届けしていきたいと思います。

ちなみに、家宅捜索を受けた自宅というのがこちらです。

  • 元私設秘書:東京都豊島区
  • 元政策秘書:東京都中央区
スポンサーリンク

 

IR汚職の中国企業は500ドットコムと特定!

まず事件の概要として中国企業が関わった流れなをおさらいします。

事件の概要

中国系の企業を名乗る日本人男性がカジノを含むIRの誘致を目指してた北海道の留寿都村関係者と今回逮捕された秋元司衆議院議員と繋ぐパイプ役をしていた可能性があることがわかりました。

しかもその中国企業の日本人男性は留寿都村を複数回訪問しているのも確認されており、2018年4月には留寿都村の関係者に秋元司衆議院議員に会う様にセッティング。

IR誘致の陳情をあろう頃か、国交相副大臣室で行ったというます。

さらに、沖縄県で秋元司衆議院議員が講演をしたのですが、そのシンポジウムにも日本人男性が同行している姿が目撃されており、東京地検特捜部は今回逮捕に踏み切りました。

この逮捕により、中国系の企業は『500ドットコム』という企業と特定され、その500ドットコムの顧問『紺野昌彦容疑者』『仲里勝憲容疑者』日本法人役員の『鄭希容疑者』ということが明らかになりました。

500ドットコムとは?

500ドットコムは2001年に設立、深圳に本拠地を置くオンラインスポーツくじの販売会社。

世界135カ国に展開し、中国では先駆者として数々のくじを運営している会社で、ユーザー登録数は6,000万人以上で累計販売高は3,300億円以上と言われており、2013年にはニューヨーク証券取引所に上場していた会社です。

要は凄い会社ということなのです。

そんな500ドットコムの日本法人『500ドットコムジャパン』の詳細はこちらです。

500ドットコムジャパンの概要

会社名:500ドットコムジャパン株式会社

所在地:東京都港区六本木7-17-22 秀和六本木レジデンス2階

代表者:潘正明(パン セイメイ)

日本法人設立:2017年7月

 

スポンサーリンク

 

このストリートビューの二階が500ドットコムジャパンの会社があるのですが、一般のマンションの様に見え、建物だけ見ると九龍城の様に見えるのは私だけでしょうか?

そんな500ドットコムが海外進出し始めた背景には中国政府のネットくじ販売の規制が関わっていると言います。

その規制で2017年には50億円以上の損失を出しており、2018年にはなんと75億円の損失を出しているのです。

その損失を回避するべく日本に法人を置きカジノを含んだIR誘致に絡んでカジノ部分を500ドットコムジャパンが拘ろうとしていたのでしょう。

調べていくと500ドットコムという会社はスポーツくじを販売している会社でありながらギャンブル依存症対策にも関わっている企業だったのでちゃんとしたところだと思っていたのですが、相当困窮しており、多額の損失を出していたのもあり焦っていたのかもしれませんね?

今後の捜査がどうなるのかが気になるところですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク


-政治, 秋元司の事務所
-, , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2020 All Rights Reserved.