そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

スポーツ 金原昇会長経歴

金原昇会長経歴と国籍が話題に!ボイコットの原因は信頼関係の崩壊!

投稿日:

2020年に行われる東京五輪。

各競技で色々と強化合宿など様々な取り組みをしているなか、テコンドーの選手たちがボイコットなどを行い話題になっています。

その中心人物の一人、テコンドー会長の『金原昇会長』が一番注目を浴びているのではないでしょうか?

強烈なインパクトの見た目に、反社会的勢力との悪い噂もありテコンドーの経験がゼロと言われているのです。

という事で今回は、話題になっているテコンドー会長『金原昇会長』について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

金原昇会長経歴と国籍が話題に!

こちらの画像の男性が、全日本テコンドー協会会長の金原昇氏です。

突っ込みどころの多い髪型をされており、インパクトの強さでは以前話題になった、山根明元ボクシング会長と引けを取らないのではないでしょうか?

そんな金原昇会長なのですが検索をしてみると関連キーワードに経歴と国籍が出てきており、かなりの注目されているようです。

という事で、金原昇会長のプロフィールを交えて経歴と国籍をお伝えしていきます。

金原昇会長のプロフィール

名前:金原昇(かねはら のぼり)

年齢:65歳(2019年10月現在)

職業:全日本テコンドー協会会長

金原昇会長の経歴

テコンドーという競技自体がマイナーなスポーツな為か、会長である金原昇氏の経歴などについて詳しく記しているものは一切存在しませんでした。

この問題でテコンドーという競技が注目されて、それに伴い金原昇会長も注目されていることからウィキペディアなどでも取り上げられる可能性があるのですが、現在は詳細まではお伝えすることが難しいのが現状です。

ですが、全日本テコンドー協会に携わり始めたことからのものでしたら確認が取れています。

  • 2005年:全日本テコンドー協会常務理事
  • 2008年:全日本テコンドー協会会長就任
  • 2016年:全日本テコンドー協会会長辞任
  • 2017年:全日本テコンドー協会会長再就任

一時、会長職を離れていたとしても数ヶ月ととても短い期間で、実質10年以上に渡って全日本テコンドー協会の会長をしていたことがわかります。

この約10年間の間で『JOC支給専任コーチ謝金不正使用問題』『熊本県協会の選手に対する大会出場資格の無期限停止』さらには、『不適正経理による内閣府による勧告』

そして、今回の『選手によるボイコット』が起きています。

この事を鑑みると、金原昇会長の全日本テコンドー協会での功績というのは決して華々しいものではな無いようですね。

この経歴を振り返ると、選手ファーストの指導ではなく自分の利益ファーストのように思えますね。

金原昇会長の国籍が話題に!

やはり、この話題はボクシングの山根明元会長の件もありますし、インパクトのあるヘアスタイルでしょうか?

しかも、名前に『金』という文字が入っていることから在日韓国人だと思われてるようです。

実際、金子賢さんなどが在日として有名ですよね。

先程もお伝えした通り、金原昇会長についてウィキペディアなどが無く在日韓国人という確かな情報は見当たりませんでした。

今後、確かな情報が入り次第、追ってお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ボイコットの原因は信頼関係の崩壊!

この話題が一番気になる点ではないでしょうか?

現在の全日本テコンドー協会の体制というのが金原昇会長に対するイエスマンしか取り巻きにおらず、実質の独裁協会と化しており『恐怖政治』『忖度しないと残れない』とまで言われています。

そんな全日本テコンドー協会の管理体制というのが次のとおりです。

  • 合宿費用が選手負担(自腹)
  • 同行スタッフの費用も選手負担
  • 意見や要望を言うと強化選手(代表)から外される

と言ったものになり、まさにパワハラそのものです。

ちなみに勧告合宿の際、『10万円』が自己負担と言いますからかなり金銭面では厳しいものになると思われます。

ですが、その合宿を拒否すると強化選手から外されるので、選手からすれば死活問題です。

その様な事が続くと、ただでさえ競技人口が少ないテコンドーなのに益々減っていく傾向にあるでしょう。

その様な事を鑑みたのかは不明ですが、指導体制や合宿について『意見書』が提出されました。

ですが、全日本テコンドー協会側は期限内に回答を出さず、期限が過ぎた9月18日にホームページで回答書を掲載。

東京五輪まで1年を切っているのにも関わらずこの様な事態の全日本テコンドー協会について選手一同の気持ちとしては、タイトルいなるように『信頼関係の崩壊』そのものです。

本当に選手のことを考えてのこでしたら、一日でも早く意見書の内容を精査し回答してあげるべきなのです。

しかも聞き捨てならない言葉が選手から出ており、本当に信頼関係の無さが伺えます。

その言葉というのが、『信頼関係もないのに強化黄卵の話をされても・・・』と語り、途中退席をした男子80キロ級『江畑秀範選手』

積極的のこの問題について発言をしている選手で、『正直、夜道がこわい』とまで話されています。

やはりこの言葉は、否定はしたものの、反社会的勢力との関係が噂されてる金原昇会長が相手だから出た言葉でしょうね?

自国開催の東京五輪なのでどうにか選手ファーストで事が進むように国が動いて然るべきではないでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

関連記事

山根明の嫁の画像は?実はバツ3で4人目の嫁でクラブでの画像も判明?

山根明会長は山口組と関係があって韓国人って本当?愛人は幹部女性?

 

スポンサーリンク


-スポーツ, 金原昇会長経歴
-, , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.