エンタメ

道渕諒平が橋本真帆にDV?ライン画像やベガルタ仙台の対応が酷い!

スポンサーリンク

 

元ベガルタ仙台のMF(ミッドフィルダー)の道渕諒平が当時、交際していた女性に対しDVを繰り返し行っていたとして9月7日に逮捕されていました。

そこで話題に上がっているのがDV被害者である交際していた女性の存在とDV被害の証拠との一つとなったラインの内容(画像)

その女性は、ネット上で『タレントの橋本真帆さん』ではないかと言われています。

しかも、ベガルタ仙台の対応の酷さが露呈してしまい、ネット上も大荒れ状態。

という事で今回は、逮捕されていた道渕諒平のDV相手(被害者)ついてとベガルタ仙台の対応について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

道渕諒平のDVの内容が酷い!

8月9日午前0時30分ごろ、宮城県警に切羽詰まった女性の声で、110番通報が寄せられた。

女性は、交際相手の男性に暴行を受けていたのだ。女性が提出した被害届を受けて、9月7日、男は傷害罪容疑で逮捕された。

 

この事件の加害者は、サッカーJ1の「ベガルタ仙台」に所属するMF・道渕諒平(26)。

そして被害者の女性は、地元放送局の情報番組で活躍するタレントだった――。

出典:smart FLASH

道渕諒平はこの女性に対して、『顔を蹴り、包丁を突きつける』という行為にい読んでいるのですが、相手のは書かれているようにタレントとして活躍されている方です。

 

言わば、顔は商売道具。

 

そんなタレントをしている女性に対して蹴るという行為は死活問題です。

 

しかも、道渕諒平はサッカー選手。

 

ある雑誌によると、サッカー選手のキック力は格闘家と同じぐらいのキック力と言われており、顔へのダメージは相当なものと考えられます。

 

ある意味、ボクサーが喧嘩などでパンチを使う行為と一緒と言って良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

道渕諒平が橋本真帆にDV?

道渕諒平がDVを行った相手女性について、名前は一切明かされていません。

 

ですが、特徴というのが報じられており以下の通りとなっています。

被害者の特徴

  • 地元放送局で情報番組をしている
  • 芸人を多く抱える大手の芸能事務所に所属
  • SNSをしている

そこで、この特徴をDV被害者とされている橋本真帆さんと照らし合わせてみました。

 

『地元放送局で情報番組をしている』については、東日本放送で放送されている『もえスポ』を2018年3月からDV被害で道渕諒平が逮捕された2020年9月まで努めています。

 

この『もえスポ』という番組は、仙台に拠点を置く楽天イーグルスやベガルタ仙台、プロバスケチームの仙台89ERSを中心に扱う番組

 

橋本真帆さんの所属していた事務所ですが、大手の芸能事務所『浅井企画』に所属していました。

 

この浅井企画は、萩本欽一さんを筆頭に関根勤さんなど多くのお笑いタレントを抱えています。

 

そして、最後のSNSについてですが、橋本真帆さんはInstagramとTwitterをされています。

 

Instagramに関しては、9月は一回も投稿されておらず、Twitterに関しては、9月8日に道渕諒平から受けた?DVを匂わせる投稿をしており、10月1日に浅井企画を退所した報告をツイートしており、これもまた9月は約1ヶ月間投稿されていませんでした。

 

こちらが、DVを受けていた事を匂わせる内容で、被害者が橋本真帆さんであればトラウマになっていることは確実ですよね。

 

その事から確定ではないのですが、道渕諒平の元カノでDV被害を受けていた方は橋本真帆さんの可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

 

ライン画像がヤバい!

まずは、道渕諒平が相手に送ったラインの画像です。

この内容を見る限りでは、本当に相手のことが好きだったのか?と思わせる内容で、自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなるタイプということが伺えます。

 

ですが、ここで気になるのが『平気でぶち壊しまくって』という文書で、被害者の女性は何をぶち壊したのでしょうか?

 

その内容次第では…と思う点もあるのですが、ここまで激昂すると女性からするといくら交際しているからと言っても恐ろしさを感じます。

 

次に話題に上がっている画像というのがこちらです

左の画像が、試合中の道渕諒平で左が自分に包丁を突きつけ目をイっている道渕諒平。

 

包丁を顔に突きつける様子が生々しく、狂気すら感じます。

 

道渕諒平のDVはパーフェクトだった!

DVと言っても様々なDVがあります。

 

その中でも道渕諒平のDVというのが、『精神的』『身体的』『心理的』『性的』『社会的』『経済的』の全てを行っていたのです。

 

まさに『パーフェクトDV』

 

そこで、道渕諒平が行っていた行為をみていきましょう。

 

精神的暴力

  • 『顔だけで生きてきたくせに』
  • 『お前は怠惰だから売れな』

と暴言、この暴言は、日常的に行われていました。

 

身体的暴力

  • 顔を踏まれる
  • 顔を蹴られる
  • 投げ飛ばされる
  • 首を絞められる

この事から、被害女性は全身アザたらけでした。

 

心理的暴力

  • ラインの返信が5分遅れると数十通ものメッセージ送信
  • 山中でいきなり車から下され、置き去りにされる
  • 3時間以上もの罵声を浴びせる
  • 被害者が別れを告げると『死んでやる』と脅す。

 

話題の画像にある包丁を持ち狂気な顔をしているのが別れを告げた時の物と思われます。

スポンサーリンク

 

性的暴力

相手の同意がないのにも関わらず、道渕諒平が強制的に行っていたと言われています。

 

仮に断ると、暴力に発展する可能性もあるので、被害女性は泣く泣く応じていたことが伺えます。

 

社会的暴力

道渕諒平は公共の場で泣き叫ぶ被害女性の引きずり車に連れ込む場面を目撃したことがあったと言われています。

 

地元仙台ではスーパースターでしょうし、橋本真帆さんだったとしたら誰もが気付いていたはずでタレントとして活動していたのでかなりの社会的暴力にあたります。

 

経済的暴力

このDVにより被害女性は裁判を望んでいたようで、所属していた事務所に相談をしたのですが、結局事務所側は事を大きくしなくなかったのか示談で済ませると言った結果になりました。

 

しかも最終的には、所属していた事務所はあろうことか被害女性の契約を9月末日で解除。

 

事務所側は本人の意思によるものと公表していますが、知人によると契約解除を言い渡されたそうです。

 

このように道渕諒平はミスターパーフェクトDVなのです。

 

しかも、今回の被害女性だけではなく前例があっての今回で、所属していたベガルタ仙台の対応に疑問を感じざる得ません。

 

ベガルタ仙台の対応が酷い!

道渕諒平が行った行為は、包丁を持ち出し脅したり、サッカー選手には欠かせない足を使って女性の顔を蹴るなどサッカー選手としての資格すらない行いです。

 

冒頭でお伝えした通り8月9日午前0時ごろに警察に通報され、その時点で警察沙汰になって、道渕諒平が逮捕されたのが2020年9月7日なのですが、10月20日に週刊誌に報じられるまでベガルタ仙台からの公表は一切されていません。

 

しかも、週刊誌に報じられてからの急展開の解雇。

 

逮捕までされた道渕諒平の行為をベガルタ仙台は知らなかったはずはありません。

 

そんな逮捕歴のある道渕諒平をベガルタ仙台は『2020年10月13日に開催された明治安田生命J1リーグ 第20節』の試合に出場しているのです。

 

この事を鑑みると、ベガルタ仙台は道渕諒平の問題を隠蔽してバレなければこれからも普通に選手として使い続けるつもりだったと思われます。

 

しかも、ベガルタ仙台はこの道渕諒平の件だけではなく、過去に選手が酔っ払って全く知らない人の車の上に乗り、車体をボコボコにした過去も隠蔽しておりバレてから謝罪をするという隠蔽体質なクラブだったのです。

 

選手の品格も大切ですが、その選手を束ねるクラブ側の品格・体制が問われて同然なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , , ,

© 2020 そらてん日記