宮川泰介の親の職業が話題に?周りからの声にアメフト復帰するのか? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

スポーツ

宮川泰介の親の職業が話題に?周りからの声にアメフト復帰するのか?

更新日:

5月6日に行われた日大と関学大のアメリカンフットボール定期戦。

この試合で、悪質なタックルをし立て続けに違反をしてしまった宮川泰介さん。

5月29日には、関東学連から内田前監督と井上前コーチからの指示があったことを認められ、多くの国民が少しは安堵した気持ちになったと思われますが、やはり1番は宮川泰介さんの親では無いでしょうか?

そんな宮川泰介さんの親の職業がネット上で話題になっています。

いったいどのような職業なのでしょうか?

その一方で気になるのが、関東学連が下した宮川泰介への処分です。

実際、復帰してアメフトをするのでしょうか?

という事で今回は、宮川泰介さんの親の職業やアメフト復帰をするのか色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
内田正人の家族構成は?常務理事を辞任したのは田中理事長の指示?

5月6日に元日大アメフト部の宮川泰介さんの起こしてしまった「悪質タックル」 この悪質タックルが原因で連日連夜、日大アメフト部前監督の内田正人氏などの話題で持ちきりです。 どうやら、ネット上では内田正人 ...

続きを見る

宮川泰介さんの親の職業は?

早速、宮川泰介さんの親(両親)の職業を調べてみました。

ネット上で弁護士という噂も上がっていましたが、そんな事実は無くいくら調べてみても親(両親)の職業は判明しませんでした。

宮川泰介さん自身も普通に大学生ですし、その両親も一般人なので情報が出て来ないのでしょう!

まぁ、当たり前といえば当たり前なのですが・・。

ですが、怪我をさせてしまった奥野耕世選手やその家族や関学大側に断れながらでも何度も兵庫県に出向き謝罪の意を表していたことを鑑みてもちゃんと人として真っ当な人という事がわかります。

加害者側なのにも関わらず、関学大から連絡があるだろうと意味のわからない持論を並べた日大側の対応があまりにもひどいので、余計にまともな御両親という事が際立ちますね!

それと、関学大側に謝罪を拒否された時も、どうすれば良いのか弁護士に依頼する事が出来るということは、ある程度「裕福な家庭」なのでは無いかと思われます。

なぜ、宮川泰介さんの親の職業が話題に?

宮川泰介さんの親の職業を調べてて思ったのですが、なぜ親の職業が話題になったのか?という事です。

そこで、調べてて感じた事が・・・!

おそらくですが、被害者である奥野耕世選手の父親「奥野康俊さん」の職業が大阪維新の会に所属する『大阪市議会員』なので、ただ単に興味があって宮川泰介さんの親はどんな仕事をしているのか知りたかったという単純なものだと思います。

今現在は、関東学連からの処分が出て大きく内容が動き今後、刑事事件としての処分等が出てくると思います。

色々と、これからも進展していくと思われます。

もしかしたら、宮川泰介さんの親の情報も上がってくる可能性もあるので、情報が上がり次第更新していきます。

スポンサーリンク

宮川泰介さんは周りの声に応えて復帰するのか?

5月22日に開かれた宮川泰介さんの謝罪会見で「自分にはアメフトをする資格はない」と語り、2度とアメフトを辞める事を公言しました。

このまま、本当にアメフトを辞めてしまうのでしょうか?

ですが、周りの声は宮川泰介さんがアメフトを諦めてしまう事を良い事とは思っていませんでした。

タックルにより負傷した奥野耕世選手は、5月27日に実戦復帰し、アメフトを辞めると公言した宮川泰介さんに対し、奥野耕世選手は「会見で『フットボールをする権利はない』と言ってたんですけど、それはまた違うと思う。

またフットボールの選手として戻って、グラウンドで正々堂々と、ルール内で勝負できたらいいなと思います」と呼びかけにも取れる発言をしています。

さらに、関学大アメフト側からは「宮川泰介さんの希望があれば、関学大への転入も受け入れて関学大アメフト部員として入部を認める」とアメフトを続けれる環境を提供する考えがあります。

何より一番は日大アメフト部全員が「私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。」と声明文を出し、辞めた宮川泰介さんのことを今でも「大切な仲間であるチームメイト」と呼んでいることです。

では世間の声も聞いてみましょう。

このように辞めるな頑張れ!というツイートが多くありました。

中には、厳しいツイートもあったのも事実です。

ですが、関東学連の処分は、「条件付きの2018年シーズンの出場停止」で条件をクリアすれば、その時点で出場停止処分が解除されますし、仮に反省の意を込めて、今シーズン出場停止処分を受けると翌年の2019年には出場停止が解除されアメフトができるようになっています。

その事からして、関東学連側もアメフトを続ける事が可能な処分を下しています。

あとは、宮川泰介さんの気持ち次第なのですが、是非とも周りの声に応えてアメフトを続けて欲しいものですね!

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございました。

内田正人の家族構成は?常務理事を辞任したのは田中理事長の指示?

5月6日に元日大アメフト部の宮川泰介さんの起こしてしまった「悪質タックル」 この悪質タックルが原因で連日連夜、日大アメフト部前監督の内田正人氏などの話題で持ちきりです。 どうやら、ネット上では内田正人 ...

続きを見る

スポンサーリンク


-スポーツ
-, , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.