エンタメ

宮脇咲良の鼻筋がピノキオ状態に変化!昔に起きたぱんぱん騒動とは?

スポンサーリンク

 

元HKT48、IZ*ONEのメンバーで現在はLE SSERAFIMとして活動する『宮脇咲良さん』

 

年齢を重ねるごとに可愛い存在から綺麗なお姉さん的な存在になった宮脇咲良さんですが、その変化に乗じてか、顔が変化していると話題になっています。

 

しかも今回、特に注目されるのが『鼻筋』

 

今の宮脇咲良さんは鼻筋がピノキオ状態になっており話題になっています!

この記事でお伝えする事

宮脇咲良の鼻筋がピノキオ状態に変化!

昔に起きたパンパン騒動とは?

について紹介していきますので良かったら最後までご覧になってください!

 

宮脇咲良の鼻筋がピノキオ状態に変化!

事あるごとに顔の変化が話題になる宮脇咲良さん。

 

女性が美を追求するのは全然悪いことではないので、個人的にはプチであろうと整形には肯定派なのですが、あまりにも露骨すぎるのは…。

 

ということで以前の宮脇咲良さんの顔の変化についてはこちらでも紹介しています。

宮脇咲良の顔が変化しすぎなのにマガジン表紙 巻頭グラビアでファン興奮

先日AKB総選挙のイベントを中止発表して放送だけして設営など色々ドタバタ劇で終わりました。 宮脇咲良さんは目標が2位でし ...

続きを見る

スポンサーリンク

 

ですが、今回紹介するのが露骨ではないかと言われている『鼻筋』

 

昔の面影はなくまさにピノキオ状態になっているのです。

 

ということでまずは、こちらの投稿をご覧ください。

9秒あたりで横を向くのですが、昔から知っている方なら驚きの鼻の高さだと気づくはずです。

 

ということで昔と今の画像を比較してみたいと思います。

昔と今の画像比較

まずは、2011年のHKT48デビュー時代と2016年の宮脇咲良さんを比較したいと思います。

 

宮脇咲良の昔と今の比較画像①

小鼻の大きさがあまり変わらないのに対して、鼻筋のスタート地点の位置がだいぶ変わっているように思えます。

 

次に比較するのが2016年と先ほどツイッターの投稿動画で紹介した誕生日の時の切り抜き画像です。

宮脇咲良の昔と今の比較画像②

こちらの比較画像で明らかに鼻尖が延長加工が施されており、ピノキオ状態になっているのがわかります。

 

この現在の宮脇咲良さんの鼻筋を見てネットでは、

  • 『やりすぎ!』
  • 『鼻凄いな』
  • アプデ後ので壁破壊できそう
  • 整形しなくても可愛かったのに違和感でしかない

とさまざまな意見が上がっています。

 

ですが、先ほどもお伝え位した通り、個人的には整形肯定派なので、悪いことでは無いですしコンプレックスに思っている場所を整形して自信がつくのであれば良いのではないでしょうか?

 

なんと言っても、韓国での活動で整形の抵抗も薄れてきますし、そう言った話題が日常なのかもしれませんよね?

宮脇咲良の昔に起きたぱんぱん騒動とは?

個人的にぱんぱんと聞いて真っ先に頭に浮かんだのが『弟子やったら…ぱんぱんやなお前』

共感できる方もいるのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

 

そんな思考なので宮脇咲良さんのぱんぱん騒動と聞いても全く想像もつかないため調べてみました。

 

すると、実際は『ぱんぱん』ではなく『ぱんっぱん』 Twitterで発言しているようですね!

 

その発言の経緯というのがHKT時代の後輩の田島芽留さんの体型に対して一般の人が呟いたことに対して宮脇咲良さんが引用し『ぱんっぱん』とツイートしていたのです。

確かに衣装がぱんっぱんなのは否めませんが、同じグループで共に頑張っていくメンバーを見下した発言。

 

この事が明らかになると宮脇咲良さんはツイッターの調子が悪く不具合があると主張し始めたのです。

 

しかもその不具合を印象づけするかのように岩田華怜さんを利用して『はぁぁぱwggdあm@4』とツイートを…。

 

当たり前のことなのですが、無関係な岩田華怜さんを巻き込み、宮脇咲良さんは大炎上!

 

性格の悪さが露呈する結果になったのです。

 

これが『ぱんぱん騒動』の真相です。

スポンサーリンク

 

そこで気になるのがなぜ、このような引用ツイートを上げたのかということなのですが、あくまでも噂なのですが宮脇咲良さんは裏アカを持っていて、本アカと裏アカを間違えてしまったのではと…。

 

あながち裏アカ説は信憑性が高いのでは無いでしょうか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-エンタメ
-, , ,

© 2022 そらてん日記