新村友季子医師のプロフや経歴や年収は?病院が凄いって何が? - そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

そらてん日記

エンタメ

新村友季子医師のプロフや経歴や年収は?病院が凄いって何が?

投稿日:

1月26日(金)21時に放送される「さんま岡村祭日本の長さんの悩み聞きます!」に出演する新村友季子さん。

どうやら新村友季子さんは、凄い病院の医師でにいむら病院のボスで、いわゆるスーパードクターです。

テレビでよく見るスーパードクターというと個人的には男性医師のイメージなのですが、女性医師というからリアルドクターXみたいな感じですね(笑)

だからと言って、ドクターXのように高額な報酬をという感じではなく普通に治療に専念していています。(当たり前ですが・・・。)

そんな新村友季子さんが気になり、調べてみると「ダヴィンチ 」や「ウロナビ」と何やら気になるキーワードが出てきます。

気になるといえば、新村友季子さんの経歴や年収。

旦那さんはいるのか?などなど!

ということで今回はリアルドクターX新村友季子さんについて調べてみます。

スポンサーリンク

新村友季子さんのプロフィール

画像:スクリーンショット

  • 名前:新村友季子(にいむら ときこ)
  • 出身地:鹿児島県
  • 年齢:不明
  • 学歴:鹿児島大学卒
  • 職歴:新村病院 理事長

新村友季子さんの情報は少なく分かりませんでした。

年齢は見た感じで言うと40代といったところでしょうか?

新村友季子さんの経歴

2005年:鹿児島大学医学部卒

2005年:鹿児島市医師会病院臨床研修医

2007年:医療法人真栄会新村病院泌尿器科

2013年:Da Vinci サージカルシステム外科医ライセンス取得

2014年:にいむら病院 女性泌尿器科外来開設

2015年:にいむら病院 理事長就任

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 泌尿器科専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本女性骨盤底医学会
  • 骨盤臓器脱手術手技研究会

にいむら病院は1980年に開業しており、前理事長の父である新村研二氏が創業し、TURーP(経尿道的前立腺切除術)などの当時先進的な術式を取り入れてきた。

2013年には、鹿児島県内で初めて手術支援ロボットであるダ・ヴィンチを導入をし、鹿児島県内外の多くの泌尿器関係で悩んでいる患者が訪れている。

新村友季子の年収は?

年収となるとなかなか情報が上がっていなくて分かりません。

もしかしたら「さんま岡村祭日本の長さんの悩み聞きます!」で年収の話があるかも知れませんね?

ですが、その前にちょっと調べてみました。

泌尿器科の医師は、年齢が上がっていくごとに年収も上がっていく傾向があるようです。

そして、年齢的にみても40代と仮定したところ、一番割合が大きのが1400万円〜2000万円以下の範囲が多いようです。

ですが、この年収額は勤務医の年収で地域によっても変わってきます。

勤務医でこんなに貰えてるのも驚きですね(笑)

新村友季子さんは鹿児島県で地方扱いになりますが、勤務医ではなく後で後継でいわゆる開業医と同じ扱いになります。

その事を加味してみると新村友季子さんの年収は、

  • 2500万円以上

だと思われます。

新村友季子さんの経歴などをみると同然なのかも知れませんね!?

スポンサーリンク

にいむら病院のここが凄い!

何が凄いって一番おどいたのは、にいむら病院の前立腺がんの手術件数は、国内の病院ではトップクラスと言う事。

次に凄いのが2013年に手術支援ロボット「ダヴィンチ 」です。

『ダヴィンチ 』と言ったら、ドクターXでも出てきた、あの医療機器です!

本当にリアルドクターX!!

言い方は、悪いかも知れませんがこのダヴィンチ という医療機器は大きな大学病院でも導入している病院は少なくかなり高額な医療機器です。

そんな高額な医療機器をにいむら病院では、鹿児島県初の導入で当時の金額として、3億6千万円とかなりの高額!!

個人的に、3億6千万円を支払いをして採算が取れるのかちょっと疑問だったのですが、新村友季子さんなりの考えがあったのでしょうね?

ちなみにこんなに高額なダヴィンチ ですが、なにが凄いのかと言うと、

  • 術中の出血量が少なくて済む。
  • 傷口が小さくて済む。
  • 術後の傷口の疼きが少ない。
  • 回復が早い。
  • 機能温存の向上

といい事ずくめで、なにより患者への負担が最小限で済むと言う事ですね!

その事から言えるのは早期に社会復帰ができます。

実は、本当に凄い病院なんです!!

前立腺系の病気なら「にいむら病院」に御一報を(笑)

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-エンタメ
-, , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2018 AllRights Reserved.