そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

サニブラウンは現在 スポーツ

サニブラウンは現在 日本歴代2位!ここまで速くなった真相は!

投稿日:

スポンサーリンク

日本陸上界に彗星の如く現れた期待の星!

『サニブラウン選手』サニブラウン選手のちゃんとした名前は、サニブラウン・アブデル・ハキームと少し長めの名前の選手で、言わずと知れたハーフ。

父親がガーナ人サッカー経験者で母親が日本人でハードルの選手だったスポーツ一家に生まれました。

そんなサニブラン選手がなんと100mで日本歴代2位の記録を叩き出し話題になっています。

ということで今回は、サニブラン選手の現在記録『日本歴代2位』についてと、ここまでサニブラン選手が速くなった真相に迫ってみたいともいます。

スポンサーリンク

サニブラン選手について

フルネーム サニブラウン・アブデル・ハキーム
ラテン文字 Abdul Hakim Sani Brown
愛称 ハキーム
国籍 日本
種目 短距離走
大学 フロリダ大学
生年月日 1999年3月6日
年齢 20歳(2019年5月現在)
出身地 福岡県
身長 188cm
体重 83kg

サニブラウン選手は、ガーナ人と日本人の間に生まれたハーフで福岡県出身です。

子供時代はサッカーをしており、ポジションは足の速さを生かせるフォワードだったのですが、小学校3年生の時に母親の薦めで陸上に転向。

高校一年生の時にはすでに11秒台を切って10秒45の記録を出し優勝をし、「ダイヤモンドアスリート」に選ばれました。

もし仮に母親の薦めがなくそのままサッカーを続けていたらどうなっていたのかも気になりますね

ですが、母親には先見の明があったのでしょう!

サニブラウン選手は現在 日本歴代2位!

サニブラウン選手の日本歴代2位の記録と叩き出したのは、日本時間の12日(現地時間11日)アメリカのアーカンソー州のフェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100m決勝で、10秒の壁を越える9秒99という記録を出し優勝しました!

今までのサニブラン選手の記録は、10秒05だったので、自己ベストを0秒06更新したことになります。

この記録に対して、サニブラン選手は「正直、そんなに速く走っている感じはなかった。いつも通りの走りをしてフィニッシュした感じ」とまだまだ伸びシロを感じさせるコメントを残しています。

しかも、20歳2カ月での9秒台での記録は世界歴代6位でなんと最年少記録なのです!

ではその時の走りをご覧ください。

奥から4コース目のひときわガタイのいい選手がサニブラン選手です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サニブラン選手がここまで速くなった真相は!

サニブラン選手ご自身でも9秒台という記録は『いつか出せる記録』と思っていたと語られていたのですが、なぜここまで速くなったのかについてはそれなりの理由がある様で、その真相に迫ってみたと思います。

肉体改造

上の画像を見てお分かりの通り、サニブラン選手の太もも周りが他の選手と比べて約1.5倍以上大きく巨大化しているのがわかります。

そこでまずはこちらの画像をご覧ください。

この画像は2015年の時の高校時代のサニブラン選手なのですが、今回日本歴代2位の9秒99をマークした時と比べると太ももを始めあらゆる筋肉が一回り以上小さく、この筋肉がここまで速く走る真相の一つと言えるでしょう。

走り方(フォーム)

筋肉がつくと体幹が良くるのですが、さすがここまで筋肉がアップするとにウエイトも上がります。

そこで、そのウエイトをカバーするのが走る時のフォームです。

サニブラン選手自身も、もも上げの位置がだいぶ以前と比べて上がった事を語られました。

しかも蹴り上げる足は膝位置を低く姿勢を保つ事で、推進力が増しているといいます。

その推進力が今大会の記録につながったのでしょう!

フロリダ大学の進学

通常、日本のアスリートが進学を選ぶ際、おそらくスポーツが強いいわゆる強豪校と言われる大学に推薦で入学するのが今までの選手だったと思います。

ですが、サニブラン選手はその選択をせずにフロリダ大学を選んだのかというと、世界で戦っている選手たちがどの様な練習をしているのかという事が気になり、興味があった事がフロリダ大学を選んだ理由でしょう。

しかもフロリダ大学だけではなくフロリダ州自体がスポーツが盛んで、素晴らしいコーチが付き以前からあった伸びシロがとんでもなく飛躍したと言えます。

以前からも陸上界のレジェンド『カール・ルイスさん』は、サニブラン選手のことを『とても良い選手だ』と絶賛。

フロリダ大学の進学のことも知っており、アメリカでより良い指導を受け良い経験を積むことになるとコメント。

さらには、2015年に一緒に戦った『ジャスティン・ガトリン選手』『私やボルトなどとも勝負ができる選手になる』と2015年から太鼓判を押していました。

これから東京五輪が待ち受けますが、陸上の花形競技である男子100mはサニブラン選手に注目ですね!

陸上関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


-サニブラウンは現在, スポーツ
-, , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2019 All Rights Reserved.