ニュース

高橋脩と玉澤徳一郎は同級生で動機は金銭トラブル!拳銃の入手は?

2019年12月11日

農林水産大臣や防衛庁長官などを務めた玉澤徳一郎氏が銃撃されるという日本とは思えない事件が発生しました。

しかも拳銃で撃った犯人というのが82歳の高橋脩容疑者。

年齢も撃たれた玉澤徳一郎氏と近く、同級生なのでは?と言われています。

ということで今回は、玉澤徳一郎氏を銃撃した高橋脩容疑者についてと犯行動機。

どのようにして拳銃を入手したのかについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

事件の概要

2019年12月10日に岩手出身の元大臣『玉澤徳一郎氏(81歳)』が自宅付近で足を撃たれるという事件が発生。

その日の午後2時ごろ、岩手県奥州市で農業をしている『高橋脩容疑者(82歳)』が、

  • 拳銃を持っている。
  • 人を撃って怪我をさせてきた。
  • 一人で車で来た。

と盛岡東警察署に自首。

その場で銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

高橋脩と玉澤徳一郎は同級生で動機は金銭トラブル!

事件当初から、被害者の玉澤徳一郎氏と高橋脩容疑者の年齢が近いことからネットでは同級生ではないのか?という疑問が上がっていましたが、その疑問は的中。

ツイッターや自身のホームページ上で同級生なことを明かしていました。

まずはそのホームページのトップ画像をご覧ください。

画像:高橋脩容疑者のHPより

しかもその内容というのが、少し時代を感じされる内容の書き方で表現で書かれていました。

その一文といのがこちらです。

『私(高橋)と玉澤徳一郎、そしてもう一人の友人吉田潤一は、高校時代「死ぬも生きるも一緒」と誓い合い、ドラム缶のイカダで北上川の急流を盛岡から石巻まで6日間命懸けで下った仲だった』

というものです。

この事により高校生の時の同級生ということは明らかになったのです。

ちなみにこの二人の高校というのが『岩手県立盛岡第一高等学校』で柔道部に所属していたようです。

その後、玉澤徳一郎氏は早稲田大学に入学し、高橋脩容疑者は農業の道に進みました。

そこで気になる犯行動機ですが調べていくと金銭トラブルが元になっているようです。

犯行動機は金銭トラブル!

金の切れ目は縁の切れ目と言いますが、今回の件はその逆でお金を借り返済しなかったことへの怒りが増幅してこのような事件に発展したと思われます。

その内容というのが、昭和47年に高橋脩容疑者が玉澤徳一郎氏に1000万円を貸付をし、その返済がされてなかったことへの遺恨が原因のようです。

そのお金はただ単に借りたのではなく、選挙に絡むもので、おそらくそのお金がなかったら選挙資金が工面できず、当選はおろか選挙の立候補すらできなかったはずです。

そんな自分の人生を左右するお金だったのにも関わらず、平成13年に初めて高橋脩容疑者が返済について督促をしたところ『誰の金か分からないので返済できない』と借りたことすら無かった事にしたような言い方をしていました。

そのため高橋脩容疑者は、貸付した事実を残すため次のような内容証明にて督促を行いました。

スポンサーリンク

 

その内容証明がこちらです。

こちらが高橋脩容疑者が玉澤徳一郎氏に送った内容証明です。

枚数にして14枚。

この枚数からして高橋脩容疑者の恨みが感じ取れます。

この内容証明を見て玉澤徳一郎氏は高橋脩容疑者の恨みを感じ怖くなったのでしょうか?

このような手紙を送り返しているのです。

この手紙の内容からすると、『正面から向き合って堂々とやろうという精神は忘れておりません。』と書かれていることから返済をちゃんとすると思いきや、裁判沙汰になってしまい、平成26年に裁判を高橋脩容疑者が起こしているのです。

 

ですが、なんと裁判所の判断は『返済義務の時効が認められ法的に返済する必要がない』と判決が下ったのです。

法治国家の日本では法で定められ、裁判で『返済の義務がない』と判決が下されると借金を負っている方としては『やったぜ!払わなくてよかった!』と思い十中八九支払いをしないでしょう。

もちろん玉澤徳一郎氏もその中の一人。

1000万円の支払いをしなかったのです。

この内容証明の量と言い、裁判で下った結果と言い、高橋脩容疑者からすれば、約半世紀も前から抱えていた遺恨でその怒りは相当なもので拳銃まで持ち出し銃撃までしているのですから…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高橋脩が所持していた拳銃の入手先は?

逮捕当初、高橋脩容疑者は拳銃一丁と実弾一発を所持し銃刀法違反で逮捕されています。

最近、山口組関係のニュースも見聞きするので「銃撃事件ね」と軽く感じてしまうかもしれませんが、所持していたのが岩手県奥州市で農業をしている言わば一般のお年寄りです。

いったいどのようにして拳銃を入手したのでしょうか?

とても気になり調べてみたところ、『30年前に友人から脅すために借りたとの事』しかも実弾を3発打ったとも供述しているのです。

年齢的に拳銃を貸したとされる友人は亡くなられているかも知れませんが、一般の考えからして信じがたい事です。

供述で語られていた実弾を3発打ったとの事ですが、他にも発砲したという事なのでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

\この記事はどうでしたか?/


 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 そらてん日記