ニュース

野田聖子の夫は会津小鉄会の組員と認定!前科持ちで韓国人説は本当?

スポンサーリンク

 

自民党と休統一教会との関係が話題になっており、もれなく野田聖子議員も祝電を送っていたことが明らかになり議員への資質を問われる事態なのですが、タイトルにもあるように会津小鉄会の組員であることが認定され、さらに注目されることに!前科持ちの韓国人ではないかという噂まで…。

 

韓国人説については、そこまで重要ではないのかもしれませんが、国会議員の夫が反社会勢力となると何かと問題になってきそうですよね。

この記事でお伝えすること

  • 野田聖子の夫は会津小鉄会の組員と認定!
  • 野田聖子の夫は前科持ちで韓国人説は本当?

この真相について迫ってみたいと思います。

 

良かったら最後までご覧になってください。

野田聖子の夫は会津小鉄会の組員と認定!

野田聖子議員の夫が取り沙汰されたのが2018年の7月。

 

その当時の野田聖子さんは総務大臣を務めていたのですが、その時の秘書と夫の野田文信氏が親しくしていた仮想通貨の事業者を交えて金融庁職員を呼び出し、取り計らいをするように圧力をかけたのでないかと報じられたことが発端です。

 

そこで疑問になったのが、なぜ野田聖子さんの夫がその場にいたのかということ…。

 

しかも圧力をかけていることから夫である野田文信氏に注目が集まり、過去を調べると反社会勢力『会津小鉄会の昌山組の組員』だったということが判明したのです。

 

その記事を報じた週刊新潮に対して、野田文信氏は1100万円の損害賠償を求め裁判を起こすことになったのですが、最高裁の判定では野田文信氏が会津小鉄会昌山組の組員だったことを認めると異例の判決が下されることになったのです!

スポンサーリンク

 

野田文信氏が所属していた昌山組は1999年まで活動していた団体で組長が逮捕されたことがきっかけに解散をしています。

 

ということで、現在進行形で反社というわけではないのですが、過去に会津小鉄会の昌山組の構成員だったというのは事実。

 

そこで気になるのが、野田聖子さんが野田文信氏を反社ということを知って結婚したのかということです。

野田聖子と夫の馴れ初め

野田聖子さんと野田文信氏の馴れ初めなんですが、調べてみると二人の出会いは2007年。

 

野田文信氏が経営していた大阪の韓国料理の店で出会ったそうです。

 

しかもその時に野田聖子さんがビビッと来たのでしょう!

『一目惚れだった』と言われています。

 

その後、交際が始まるのですが東京と大阪の遠距離恋愛を続け、2011年1月18日に入籍。

 

入籍のきっかけというのがアメリカでの体外受精ですが妊娠をし男の子を出産した事のようです。

 

ちなみにお子さんが生まれたのが2011年1月6日です。

野田聖子の夫は前科持ちで韓国人説は本当?

先ほどもお伝えした通り、昌山組の組員で反社ということもあり、前科があってもおかしくはない人物。

 

ということで色々調べてみました。

 

文信氏の中学生時代まで遡るのですが、バイクを盗んだり、危険物を吸引していたりとその当時から悪さをしており警察のお世話になること他多々あったようです。

 

他の犯罪歴といえば『私文書偽造』

 

その内容はというと、警察の取り締まりに捕まり自身の免許証が有ったのか無かったのかはまで不明ですが、兄の免許証番号を伝え、違反切符を切られることがありました。

 

もちろん兄にはバレてしまうのですが、その時に兄が問い詰めるとあろうことか文信氏は逆ギレ!

 

身の覚えのない違反で切符を切られたことで兄が警察に訴え、文信氏は私文書偽造の罪で懲役1年、執行猶予付きの判決を受けています。

スポンサーリンク

 

次の犯罪歴は『有線電気通信法違反』

 

18禁のサイトを文信氏が運営していたのですが、2004年に営利を目的としたスパムメールを驚くことに80万通以上を送りサーバーダウンをさせています。

 

その時の犯罪というのが不正に取得したドメインでの犯行ということもあり、日本初の『有線電気通信法違反』で逮捕となります。

 

以上が前科ということになるのですが、反社ということもあり個人的には人命に関わるような犯罪や恐喝のような犯罪かと思っていたのですが、そうでは無かったようです。

 

ですが、有線電気通信法違反を犯したのが二人がである3年前でいくら交際する以前の問題と言えども野田聖子さんは国会議員。

 

その時にリサーチをしていれば、交際はしたかもしれませんが結婚をする事はなかったでしょうね。

野田聖子の夫は韓国人?

単刀直入に答えると野田聖子さんの夫、野田文信氏は韓国人だったという説がかなり高いと思われます。

 

その韓国人説を裏付けるのが野田文信氏の姓に所以があります。

 

先ほどもお伝えした会津小鉄会の昌山組の組員だったと最高裁で認められており、野田文信氏は反社ということは確定しているのですが、そもそも野田文信氏の姓ですが、たまたま野田聖子と同じ姓というわけではなく、野田聖子さんの野田姓を残すために婿養子になっているため…。

 

となると旧姓は何かということなのですが、文信氏の旧姓は『木村』と言います。

 

実際、警視庁にファイリングされている『暴力団個人ファイル』にしっかりと経歴が残っていたのです。

出典:週刊文春

赤枠に示してあるように個人種別が『暴力団』と書かれており、その氏名が木村文信と記されております。

 

しかも、最高裁で判決が出た組に所属しています。

 

そこで気になるツイートがネット上に上がっていました。

このツイートによると、韓国名が『金 文信』と書かれています。

 

ですが、『野田文信=木村文信=金文信』と関連付ける情報が無いため、可能性が高いとさせていただきます。

スポンサーリンク

 

韓国人説の裏付ける情報が入り次第、追ってお届けしていきたいと思います。

最後に

今回は、野田聖子さんの夫が反社会勢力だったということについてお届けしました。

 

個人的に感じたこととすれば、芸能人らがそういった人物と付き合いをしていた。

もしくはしているということで、それ相応の処分を受ける世の中なのは事実。

 

いくら過去とは言え元組員としてファイリングされていることを鑑みると、国を動かす政治家としての在り方に多少問題が出てくるのでは無いかと思いました。

 

これから、野田聖子さんへの批判が上がってきそうですよね?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-ニュース
-, , , ,

© 2022 そらてん日記