そらてん日記

あらゆるジャンルの情報を面白おかしく自分らしく紹介していきます。

事件 國母和宏の現在

國母和宏の現在 妻子がいながら薬物逮捕!14歳から使用していた

投稿日:2019年11月6日 更新日:

2019年11月、バンクーバー五輪日本代表で現在はプロスノーボーダーとして活躍していた國母和宏が大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

急な報道で驚くばかりです。

ですが、逮捕と言っても麻取が自宅に踏み込んだというわけでは無く、自ら出頭し逮捕されているのです。

いったいどの様な心境で出頭したのでしょうか?

ということで今回は、國母和宏被告の逮捕についてと、出頭した真相。

世間の反応についてお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

國母和宏の現在 大麻取締法違反の疑いで逮捕!

報道によると、バンクーバーオリンピック スノーボード・ハーフパイプ元日本代表で現在プロスノーボーダーの國母和宏被告は、2018年アメリカから国際郵便で違法薬物を日本に密輸した疑いを持たれ、2019年11月6日の午前中に厚生労働省麻薬取締部に出頭し逮捕されました。

國母和宏被告といえば、バンクーバーオリンピックの時の硬式服の着こなし(ズボンの腰履き)や会見での『反省してまーす』『チッ!うるせぇな』と言った受け答えのイメージが強すぎで良い印象を受けなかったことがある選手だったのですが、現在は嫁と子供いて良き父親だったと思われます。

國母和宏の現在の家族は?(妻・子供)

このような薬物の密輸をしていた國母和宏容疑者にも、実は2009年11月(21歳の時)に三つ年上の一般女性と結婚して、現在は3人のお子さんもいる父親だったのです。

億さんとのは高校の時に『よくある友人の紹介』という形で知り合い、大学在学中に結婚しています。

奇しくも、奥さんと結婚した月に逮捕されるとは嫁からすれば相当ショックだったのではないでしょうか?

そしてお子さんですが、上から

  • 長男
    長男:一之介(かずのすけ)君
    年齢:6歳
  • 長女
    名前:六花(ろっか)ちゃん
    年齢:5歳
  • 次女
    名前:ななちゃん
    年齢:2歳

 

このように大切な家族が居る國母和宏被告なのですが、世界中を飛び回っている國母和宏容疑者だったのですが、拠点ををアメリカ(カルフォルニア)に置いているため、家族と一緒に過ごせるのはオフに期間の2ヶ月間ぐらいしか無いと言われています。

しかも自宅は拠点の置いてあるアメリカ・カルフォルニアでは無く、北海道にログハウスのような立派な家を構えています。

個人的に感じた事なのですが、この画像の國母和宏被告の顔つきも柔らかくなっており以前のイメージとは全く違う印象を受ける國母和宏被告なのですが、世間の反応はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

國母和宏の世間の反応は?

では早速、國母和宏容疑者に対する世間の反応を見ていきたいと思います。

特に不思議ではないと思うのは私だけ⁈
やっぱりね。。。
代表ユニフォーム腰パンした時は、かなりのスノボーファンが、これがこのスポーツの正装と言った擁護の声が多かったが、姿勢は外見が大事な時もある。
先日、スノボー選手のひき逃げ事件も発生。
海外は知らないが、日本のスノボー選手が最近の不祥事で悪くみられる。
私は平野選手がとって大好きな選手ですが、國母選手と同じようにみられる可能性があるので心配だ。
スノボー協会は選手の私生活も指導しないと、平野選手のように、頑張っている選手に影響がでないようにしてほしい。
以前、農場だか牧場だかをやりながらスノボーを地道に続けている、というようなニュースを見た記憶が…。

人を見かけで判断しちゃいけないと反省した私を返して。

やっぱりかーーーー。
かなりの期間外国に行って危険な撮影してきて日本では子供の面倒をしっかりと見てる良いお父さんになってるって番組で観ただけに辛い。
法律は法律でしっかりと守らないと捕まっちゃうからね。
仕方ない。
きちんと罪を償ってきてくれ。
嫁さんと子供がかわいそうだな。
平野歩夢選手、本当は表に出るのは苦手な性格なのに、スノボやスケボーの悪いイメージを変えようと、一生懸命頑張っていましたよね

ましてや國母さんを慕っていたはず
真面目にしている選手が本当にかわいそう

五輪代表の時の態度の悪さは印象的
スノボ選手のイメージを大きく崩した最大の不良選手
いくら成績が良くてもこういう奴を国の代表に選んではだめだ
最近頑張ってると思ってたんだけど。
今は西海岸は結構合法化されてるからって、何も日本に持ち込まなくても良かったんじゃないのかなぁ?
この大麻取締法違反で
「やっぱりね」的な印象を感じた人は多いかもね

オリンピック代表時の制服着崩しで批判されたとき
会見の態度が酷く
ヤカラ的で問題のありそうな人物に思えた

少し前にもスノボ界から
薬物問題を起こした人や
飲酒後に交通事故を起こして現場から逃げた人を出したばかり
スノボをする人が悪いわけではないが
代表クラスの人が問題を起こすと
その分だけ対外的なイメージダウンも大きいね

やなり、バンクーバーオリンピックの時の印象が強すぎで、『やっぱり』と思われている方が多い様ですね。

当時の年齢も22歳で、この年齢で日本代表に選ばれてイキってしまうのも分からなくもないですが、すでに結婚していましたし、31歳になってもイキりが治らなかったのでしょうか?

それにしても、オリンピックでの腰パンと記者会見の態度のイメージは何年経っても世間から抜けきらない物なんですね…。

スポンサーリンク

14歳から大麻を使用していた!

ほとんどの方が抱いている國母和宏容疑者に対する半グレやヤカラと言ったイメージ。

そんなイメージの國母和宏容疑者が初公判で、なんと14歳の頃から大麻の使用を認めた上で、アメリカでの性格が長く「麻痺」していた』と答えていたのです。

現在、拠点としているアメリカ合衆国カリフォルニア州では、國母和宏容疑者が国際郵便で日本に送った大麻は販売や所持が全面的に合法化されクッキーやチョコレートに入っていたり、日常的に存在する物らしいのです。

日本では高樹沙耶(益戸育江)さんが合法化を訴えていたところ逮捕さえれことがありましたが、日本では違法薬物です。

そのことに気づき自ら出頭したのかも知れません…?

ですが、それだと違法と気づくのに約1年もかかるとは到底思えませんが…。

謎が膨らむばかりです。

初公判で麻痺していたことを供述していた國母和宏被告に対し、検察側は懲役3年を求刑しましたが、弁護側は1日でも早く社会復帰できるようにと刑の軽減を求めました。

どのような結果になるのは不明ですが、1月28日には判決が言い渡されるという事なので、懲役3年の実刑にしても、刑が軽減されたとしても、家族のためにしっかり反省をして復帰してもらいたいものですね

最後までご覧いただきありがとうございました。

平野歩夢 逮捕と怪我で内臓破裂の真相は?平昌オリンピックは大丈夫?

2018年2月9日から始まる「平昌オリンピック」 その平昌オリンピックのスノーボード・ハーフパイプ日本代表に選ばれた平野 ...

続きを見る

高木沙耶(益戸育江)の共同生活の実態はどうだったの?やりまくりってなに?

2016年10月に大麻取締法違反(所持)の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕されてから1年以上が経ちました。 そし ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


-事件, 國母和宏の現在
-, , , , , , , , , ,

Copyright© そらてん日記 , 2020 All Rights Reserved.