ニュース

五輪汚職に関わる政治家は誰?2019年Wカップに関わる人物か?

2022年9月15日

スポンサーリンク

 

AOKIホールディングスから始まりKADOKAWAそして、大広と紳士服・出版・広告の大手が東京五輪パラリンピックの汚職にこれからも広がっていく可能性があるこの事件。

 

当初は、コモンズの高橋治之容疑者の単独かと思われていたのですが、やはり浮上してきた政治家の関係…。

 

この政治家とはいったい誰なのでしょうか?

 

しかも、なぜこの時期に明るみに出たのかが気になるところですよね?

この記事でお伝えすること

  • 五輪汚職についてわかりやすく説明
  • 五輪汚職に関わる政治家は誰?

についてお届けしていきたいと思いますので、よかったら最後までご覧になってください。

五輪汚職についてわかりやすく説明

そもそもこの五輪汚職は2つのルートがあり、1つ目が逮捕された高橋治之容疑者が直接関わっている『ルート1』と高橋治之容疑者の後輩に当たる元電通の深見和政容疑者の『ルート2』があります。

 

ということでまずはAOKIホールディングスが関わっている『ルート1』から紹介します。

五輪汚職『ルート1』

AOKIホールディングスから高橋治之元理事が代表を務めていた『コモンズ』というコンサル会社にAOKIからコンサル料として5,100万円として受け取っていたという事で逮捕されました。

 

通常、コンサルを受けその対価として会社にコンサル料を支払うのは当たり前のことなのですが、高橋治之元理事が大会組織委員会の理事をしていた事で『みなし公務員』だったのです。

 

しかも、その見返りにAOKIホールディングスは五輪・パラリンピックのスポンサー企業に職務権限があっての依頼ということで便宜が図られたことが認定され、このコンサル料というのは『贈収賄』とみなされ逮捕に至ったのです。

高橋治之元理事の経歴や自宅は?コモンズとはどのような会社?

スポンサーリンク   高橋治之元理事といえば、電通時代にスポーツ事業で名を馳せ、『日本のスポーツビジネスを変え ...

続きを見る

 

五輪汚職『ルート2』

こちらのルートが今回、KADOKAWAの会長である角川歴彦氏が逮捕されたルートになります。

 

このルートは直接、高橋治之容疑者のコンサル会社のコモンズではなくて、コモンズ2という別のコンサル会社を介して行っていたというものです。

 

KADOKAWAは2019年7月から2021年1月にかけて約7,600万円のコンサル料を支払っていました。

 

その見返りにAOKI同様、五輪パラリンピックのスポンサー企業に選定されています。

 

このルートでは、コモンズ2は先ほどもお伝えした通り、会社が高橋治之元理事が代表者ではなく、深見和政という元電通という人物でした。

 

そこで問題になるのが、コモンズ2の社長の深見和政は大会組織委員会とは全くの無関係で、みなし公務員では無いということです。

 

となれば、普通のコンサル料を支払ったという事で、逮捕されることは難しのですが、深見和政は逮捕される事になるのです。

 

その理由としては、コモンズとコモンズ2の間では頻繁にお金の流れがあり、コモンズ2はコモンズと一体化しているということで『身分なき共犯関係』が適用されたという事になります。

 

しかも、高橋治之元理事と深見和政は先輩後輩関係で今後はこの関係性を活かしてコモンズ2も高橋治之元理事が実権を握って資金を動かしていたのでは無いかと捜査される事になると思われます。

角川歴彦の不倫相手 女優Yとは誰?KADOKAWA映画の出演者?

スポンサーリンク   国会議員の発言で明らかになったKADOKAWAの会長『角川歴彦(かどかわつぐひこ)会長』 ...

続きを見る

スポンサーリンク

 

五輪汚職に関わる政治家は誰?

ここまでの流れを見ると政治家の存在が見えてきませんがよくよく調べてみると怪しい点が浮上してきました。

 

その怪しい点というのがこのお金の流れ。

 

実際はこの東京五輪・パラリンピックのスポンサー料というのがティア1からティア3とあり、

  • ティア1が150億円
  • ティア2が60億円
  • ティア3が15億円

が目安と言われています。

 

AOKIホールディングスはこのティア3に該当し、15億円のスポンサー料をを支払うのですが、高橋治之元理事から5億円でいいですよと値引きの提案がありました。

 

この提案には仲介料として2億5千万が必要というもの。

 

スポンサー料の5億と仲介料の2億5千万をプラスても本来支払う15億円からすればちょうど半額になります。

 

AOKIサイドも通常価格の半額でスポンサーになれるとなればお得と考え納得しました。

 

そこでAOKIホールディングスは仲介料ではなく選手強化費という名目でお金を出し、実際『日本セーリング連盟』と『日本馬術連盟』に数千万円の強化費を払っているのですが、これはコモンズ側の偽装工作と言われています。

 

2億5千万円から数千万円を支払い、残った1億数千万円の行方が怪しい点なのです。

 

そこで浮上する政治家というのが森喜朗議員。

森喜朗はガン治療(オプジーボ)で回復!息子と浅田真央の関係とは?

出典:Yahooニュース スポンサーリンク 連日の東京オリンピック開催の中止・延期の報道でよく見かけるオリンピック組織員 ...

続きを見る

 

この森喜朗議員が関わっている2019年に開催されたラグビーワールドカップにも高橋治之元理事が関わっているようで、今回の五輪と二人の関係は深いものだと思われます。

スポンサーリンク

 

この先、贈収賄に関して東京地検の捜査が進み関わっている政治家が明らかになることでしょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク


 


エンターテインメントランキング
人気ブログランキングへ

 



\この記事はどうでしたか?/

-ニュース
-, , ,

© 2022 そらてん日記